メインメニューを開く

富谷インターチェンジ

日本の宮城県富谷市富谷にある仙台北部道路のインターチェンジ

富谷インターチェンジ(とみやインターチェンジ)は、宮城県富谷市富谷にある仙台北部道路インターチェンジである。

富谷インターチェンジ
富谷IC 料金所
富谷IC 料金所
所属路線 E6 仙台北部道路
IC番号 2
起点からの距離 13.5 km(利府JCT起点)
富谷JCT (1.7 km)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
供用開始日 2013年平成25年)12月22日
通行台数 x台/日
所在地 981-3311
宮城県富谷市富谷
テンプレートを表示

概要編集

当ICは仙台北部道路専用のインターチェンジで、利府JCT三陸自動車道仙台東部道路に接続する。隣の富谷JCT東北自動車道と接続しておらず、当ICと東北自動車道への流入および東北自動車道からの流出はできない[1][2]。東北自動車道の利用には国道4号を南に約3km進んだところにある泉ICを経由することになる。

出口レーンの一般ブースは料金精算機が設置されており、自分で料金を精算する[1]

なお、将来的には仙台北部道路をさらに西に延伸させる構想もある[3]

宮城県警察 高速道路交通警察隊 古川分駐隊 富谷警察官詰所が当IC内にある[4]

道路編集

接続する道路編集

料金所編集

  • ブース数:4

入口編集

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口編集

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

周辺編集

歴史編集

当初は2012年度(平成24年度)中に開通予定となっていたが、用地買収が長引いたため着工が遅れた[2]。総事業費は31億円[2][5]

  • 2012年(平成24年)1月 : 着工[2]
  • 2013年(平成25年)
    • 12月14日 : 富谷JCT - 富谷IC間 (1.7km) の完成に伴い、富谷町町制50周年記念イベント「仙台北部道路富谷IC現地見学会 ハイウェイウォーク」を開催[6]
    • 12月22日 : 13:30からの開通式典に続いて、18:30より供用開始[7]
  • 2016年(平成28年)10月10日 : 富谷町の市制施行に伴い、富谷市内となった(富谷警察官詰所の住所が黒川郡富谷町富谷治部入40-2から富谷市富谷治部入40-2に変更[4][8])。

編集

E6 仙台北部道路
(1)利府しらかし台IC - ((29-1)富谷JCT[9] - (2)富谷IC

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集