メインメニューを開く

寒川 賢治(かんがわ けんじ、1948年8月22日 - )は日本の生化学者。京都大学医学部教授等を経て、独立行政法人国立循環器病研究センター理事・研究所所長、日本内分泌学会理事長[1]徳島県出身[2]

ナトリウム利尿ペプチドアドレノメデュリングレリン[3]などの生体ペプチドホルモンを発見[4]

経歴編集

業績編集

  • Adrenomedullin: A novel hypotensive peptide isolated from human pheochromocytoma Biochem. Biophys. Res. Commun., Vol.192, 553-560 (1993)
  • Cloning and sequence analysis of cDNA encoding a precursorfor human atrial natriuretic polypeptide Nature, Vol.309, 724-726 (1984)
  • Purification and complete amino acid sequence of α-human atrial natriureticpolypeptide (α-hANP) Biochem. Biophys. Res. Commun., Vol.118, 131-139 (1984)

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 寒川賢治【研究者】”. 科学技術振興機構. 2009年10月17日閲覧。
  2. ^ a b 日本学士院賞授賞の決定について”. 日本学士院. 2009年10月17日閲覧。
  3. ^ Kojima M, Hosoda H, Date Y, Nakazato M, Matsuo H, Kangawa K (1999). “Ghrelin is a growth-hormone-releasing acylated peptide from stomach”. Nature 402: 656-60. doi:10.1038/45230. PMID 10604470. 
  4. ^ a b 2006年度(財)上原記念生命科学財団:上原賞・各種研究助成金受賞者決定のお知らせ”. 上原記念生命科学財団. 2009年10月17日閲覧。
  5. ^ 武田医学賞受賞者”. 武田科学振興財団. 2007年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年10月17日閲覧。
  6. ^ 第14回慶應医学賞受賞者決定:国立循環器病センター研究所長寒川賢治博士、ロックフェラー大学教授Jeffrey M.Friedman 博士”. 慶應義塾. 2009年10月17日閲覧。