メインメニューを開く

寒河江 善秋(さがえ ぜんしゅう、1920年1977年)は、日本の社会活動家、作家

山形県東置賜郡吉島村(現・川西町)に生まれ、置賜農学校を卒業後に18歳で満州拓殖公社に入社。訓練局訓練課に勤務し満蒙開拓青少年義勇軍の訓練等に従事した。太平洋戦争開戦に伴い1941年に軍属となり、愛知県豊橋市陸軍予備士官学校を経て、少尉としてハルマヘラで従軍し、当地で終戦を迎えた。1946年復員。

戦後、生地の吉島村にもどり、1947年に吉島村の青年団長となった。翌1948年にGHQの教育改革部門であるCIEが日本の教育指導者を対象として開催していたIFEL(The Institute for EducationalLeadership)講習会に参加し、グループワーク理論を学び、満州での開拓経験を基に、深刻化していた農村の二・三男の失業対策の一環として、戦後の荒廃した国土を青年の手で復興させるため山形県産業開発青年隊運動1951年昭和26年)から行った。

貧困にあえぐ農村部の開発推進のため農林省および建設省が協力に乗り出し、1953年(昭和28年)に「国土総合開発促進のため産業開発青年隊導入要綱」を作成。その後20数年にわたり、道府県に青年隊(地方隊)が設置され、戦後日本の農村開発に大きな役割を果たすとともに、後の国際協力機構青年海外協力隊の源流ともなった。なお、青年隊は現在も熊本県宮崎県沖縄県に存在する。

日本青年団協議会では副会長となった。学生運動にも関わり、藤本敏夫が収監された際には身元引受人となっている。

目次

略歴編集

著作編集

  • 『茨の道を拓いて--山形県における創生期青年隊の回想』、国土開発、国土開発調査会、1954年
  • 『青年団政治学習の目標と方法』、社会教育、全日本社会教育連合会1956年
  • 『新中国の青年たち』、社会教育、全日本社会教育連合会、1957年
  • 『青年団論』、北辰堂、1959年
  • 『四苦八苦と忘られぬ人 (戦後社会教育行政の移り変わり)』、社会教育、全日本社会教育連合会、1973年
  • 『半遁世―非凡を平凡に生きる』、日新報道、1974年

資料・文献編集

  • 『社会教育史と主体形成』大槻宏樹編著、成文堂、1982年
  • 『山形における公明選挙運動について』亀ヶ谷雅彦、山形県立米沢女子短期大学紀要、山形県立米沢女子短期大学、2003年
  • 『「共同学習」における中国の影響』劉全勝、大原社会問題研究所雑誌第572号、2006年
  • 『占領期日本のNPO』秋葉武、立命館産業社会論集第44巻第2号、2008年

外部リンク編集