寒浞

古代中国の人物
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

寒浞(かんさく)は、古代中国の人物。姓は妘、或いは猗[1]、氏は寒。王朝を一時期簒位し、夏王朝の遺臣である伯靡に殺された。

はじめは寒后伯明に仕えていたが、后羿こうげいしょう[2]に対する反乱と侵略によって夏王朝が衰微した際にその配下となり、重臣として用いられた。のちに相八年に寒浞は后羿を殺害して自らが王として立った[3]。后羿ので美女として知られていた玄妻げんさいを奪ってとし、間には(奡、ぎょう)と(えい)という二人の子供が生まれた。また后羿の子息たちには后羿の遺体を煮たものを食べるように命じ従わぬ者を死罪にしたとされる[4]

相二十年には有戈国(現在の河南省商丘市睢陽区新鄭市の間)を、相二十六年には斟灌氏を、相二十七年には斟鄩氏を、相二十八年には相王を滅ぼした。

その後、寒浞が簒奪した王位は少康(相の息子にあたり、有仍氏の血を引く)と、伯靡有鬲氏有仍氏を筆頭とする夏の遺臣たちによって奪還され、夏王朝が復するに至ったとされる。

寒浞の墓

山東省には寒浞の墓とされるがある。

参考文献編集

寒浞を題材にした小説編集

脚注編集

  1. ^ 路史』寒浞伝「寒浞者猗姓」
  2. ^ 夏王朝の5代目の王。寒浞によって殺害されたとされる。
  3. ^ 市村瓚次郎 『東洋史統』1巻 冨山房 1940年 50頁
  4. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳 『中国の神話伝説』下巻 青土社 1993年 21-23頁 ISBN 4-7917-5222-8

関連項目編集

  • 逢蒙 別の伝説の中で羿を殺害したとされる人物。『路史』において関係性が指摘されている。