寛延二年大洪水(かんえんにねんだいこうずい)は、1749年8月13日寛延2年7月1日)に播磨国(現在の兵庫県姫路市)の船場川で起きた水害[1]。「寛延2年の水害」「播磨大水」とも称される[要出典]

豪雨で増水した船場川の市川取水口が決壊、家屋流失161戸、溺死者402人を記録し[1]、特に船場地区は302人の死者を出した[2]

後に建立された菩提碑・供養費としては、四郷町の「溺死者菩提碑」(1755年(宝暦5年)建立)[3]法華寺(五軒邸1丁目)の供養塔[4]、見星寺(材木町)の菩提碑(1773年(安永2年)建立)[2]がある。

脚注編集

  1. ^ a b 現在までに語り継がれる『災害』について (PDF) - 総務省消防庁(p.104を参照)
  2. ^ a b 文化財見学シリーズ20 『城東地区』を訪ねて (PDF) - 姫路市教育委員会(初出は1988年)
  3. ^ 文化財見学シリーズ31 『四郷町』を訪ねて (PDF) - 姫路市教育委員会(初出は1993年)
  4. ^ 文化財見学シリーズ24 『城東地区』を訪ねて (PDF) - 姫路市教育委員会(初出は1990年)

関連文献編集

  • 橋本政次『姫路城史』中巻 姫路城史刊行委員会、1952年(1994年、臨川書店より復刻)
  • 姫路市教育委員会(編)『姫路の文化財』第2巻 姫路市教育委員会、2002年
  • 姫路市教育委員会(編)『石造遺品銘文集』姫路市教育委員会、1995年
  • 『姫路城下浸水被害図』姫路市文化財保護協会、2003年(1749年作成の模造品[1]