寝ずの番

寝ずの番』(ねずのばん)は、中島らも著作の短編小説集[1] 。劇中の落語家は、六代目笑福亭松鶴をモデルとしたといわれている。

目次

収録作品編集

  • 寝ずの番
  • 寝ずの番2
  • 寝ずの番3
  • えびふらっと・ぶるぅす
  • 逐電
  • グラスの中の眼
  • ポッカァーン
  • 仔羊ドリー
  • 黄色いセロファン

出版編集

講談社より1998年10月単行本として刊行された(ISBN 4062093707)。文庫版は講談社と角川書店の2社から発行されている。

映画編集

寝ずの番
監督 マキノ雅彦
脚本 大森寿美男
原作 中島らも
製作 鈴木光
音楽 大谷幸
主題歌 A・cappellers
撮影 北信康
編集 田中愼二
製作会社 光和インターナショナル
配給 角川ヘラルド映画
公開   2006年4月8日
上映時間 110分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 4.25億円[2]
テンプレートを表示

マキノ雅彦第1回監督作品。

文部科学省認定作品でありながら、猥語が頻出(70数回)することを理由にR15+指定を受けた。

2006年4月8日よりシネスイッチ銀座他にて全国順次ロードショーされた。

劇中の登場人物「笑満亭橋鶴」とその妻は、六代目笑福亭松鶴夫婦がモデルということもあり、その縁から松鶴の弟子である笑福亭鶴瓶が友情出演している。

キャスト編集

スタッフ編集

受賞編集

関連項目編集

  • 寝ずの番
通夜(地方によってはその前日から)の際に、故人を寂しがらせないために傍で一晩中起きていること。往々にして宴会がセットになっており、故人の思い出などを語りつつ飲み明かす。故人の傍らで宴会を行う場合と、宴席は別室に設け、故人の傍らには数人の不寝番をおく場合とがある。斎場で通夜を行う場合は、寝ずの番は行われない。

脚注編集

  1. ^ 本作品については、笑福亭松枝の「当世落語家事情」(弘文出版)を元にしているという指摘も一部である。しかし「寝ずの番」の刊行は1996年4月(講談社単行本の初出一覧より、以下同じ)、「寝ずの番Ⅱ」は1997年1月、「寝ずの番Ⅲ」(「春夏秋冬」改題)は1997年12月であるのに対し、「当世落語家事情」(ISBN 4875202075)の刊行は1997年2月である。そのため、少なくとも「寝ずの番」「寝ずの番Ⅱ」について中島が『当世落語家事情』を参考にしたとは考えにくい。さらに、講談社文庫版の解説で桂吉朝は「追伸、この本に収められている『寝ずの番Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ』。もちろん筆記したのはらもさんだが、あの中のエピソードをしゃべったのは我々だ。つまり我々が提供したネタを彼がそのまま本にしただけだ。」と明記している。
  2. ^ 「2006年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2007年平成19年)2月下旬号、キネマ旬報社2007年、 184頁。

外部リンク編集