寶慶記』(ほうきょうき)は、曹洞宗開祖道元が、天童如浄の下で学んだ時の記録。

目次

内容編集

道元如浄禅師に就いて学んでいた頃の記録であり、道元が学道を進めていく過程で疑問に思ったことを如浄禅師に聞いたものである。特に、道元は日本に帰国してから『正法眼蔵』等を撰述したが、その内容と明らかに相違する内容が説かれているものもあれば、影響を受けているものもある。そこで、道元がどのような立場で自身の宗教を確立されたのかを知る絶好の資料とされていたが、現代では、これは参学時のノートではなく、道元が自身の考えをまとめたものであるとする説がある。

その質問の内容は多岐にわたるが、ここでは、池田魯参の研究を踏襲する[1]

  1. 随時参問の許可
  2. 教外別伝
  3. 二生の惑果
  4. 自知即正覚
  5. 弁道功夫の種種
  6. 楞厳経と円覚経
  7. 業障
  8. 撥無因果
  9. 長髪長爪
  10. 仏祖の聖胎
  11. 裙袴の腰縧
  12. 緩歩の法
  13. 善悪の性
  14. 禅宗の呼称と仏祖の大道
  15. 祗管打坐
  16. 業障本来空
  17. 了義経
  18. 感応道交と教家の是非
  19. 文殊の結集
  20. 着襪の法
  21. 胡菰を食べるな
  22. 風の当る処での坐禅
  23. 一息半趺の法
  24. 褊衫
  25. 法衣と糞掃衣
  26. 迦葉附属の袈裟
  27. 四箇の寺院
  28. 六蓋を除く
  29. 法衣を著けぬ
  30. 大悲を先とする坐禅
  31. 獅子形と蓮華蓋
  32. 風鈴頌
  33. 一切衆生は諸仏の子
  34. 閉目と開目の坐禅
  35. 大小二乗を超える坐禅
  36. 坐禅と吉瑞
  37. 今年六十五歳
  38. 正身端坐
  39. 経行直歩の伝統
  40. 心は左掌におく
  41. 菩薩戒の臘
  42. 初心後心得道
後書 懐弉と義雲の奥書

このように、「坐禅時の注意点」「身心脱落の内容」「経行法」「経典の読み方」「威儀の基本」「礼拝偈」等々が記されている。なお、上記文献では、42問にしているが、古来からは50問といわれてきた。その数え方を行うものとして、『日本禅籍史論』では、問答28、慈誨22と数える。道元は、特に如浄禅師にお願いしてこうした質問をする許可を得たのであるが、その経緯が「宝慶寺本」等に記載されている。

流布・伝播編集

最も古い形態を保持していると考えられるのは、愛知県豊橋市全久院所蔵の懐弉禅師直筆とされるものである(「全久院本」)。さらに、福井県大野市宝慶寺所蔵の書写本も存する(「宝慶寺本」)。

一般に流布したのは、江戸時代明和八年(1771年)に刊行されたものである(「明和本」)。

『宝慶記』が現存するのは、懐弉が道元の遺著から発見し、書写されたことによる。[2]

したがって、宝慶寺に『宝慶記』が伝わっていたことは相違ない。宇井伯寿が訳注された岩波文庫本末尾には、宝慶寺から全久院に収納される経緯が示される。

さらに、明峰素哲法嗣である大智が、義尹が護持していた『宝慶記』を伝写したことが確認されている。

註解・解説書等編集

全久院に道元や懐弉の直筆本が多数収められたのは江戸時代の学者面山瑞方の尽力による。さらに、『宝慶記』は面山によって刊行(「明和本」)されてからは宗門諸師による参学が行われ、提唱等も刊行された。

  • 『宝慶記聞解』(二巻):面山の提唱を、斧山玄鈯が編集したもの。提唱の時期等は不明。明治十一年に東京にて刊行。
  • 『宝慶記事林』(一巻):『宝慶記事林鈔』とも、『宝慶記事考』ともいう。『宝慶記聞解』に挙げられる故事の典拠等を示したもの。

他にも、これらを本に編集されたものがある。さらには現代に至って「全集」に収められるようになり、一般の目にも触れるようになった。宇井伯寿訳注の岩波文庫本、池田魯参訳『宝慶記-道元の入宋参学ノート』が存在する。

脚注編集

  1. ^ 池田魯参『宝慶記――道元の入宋求法ノート』、大東出版社、2004年
  2. ^ (原文)建長五年癸丑十二月十日、越宇吉祥山永平寺方丈に在りて之を書写す。右は先師古仏の御遺書の中に之れ在り。之を草し始めて、猶お余残在る歟。恨むらくは功を終えず。悲涙千万端。 懐弉

参考文献編集