メインメニューを開く

寸又峡温泉

日本の静岡県榛原郡川根本町にある温泉。

泉質編集

美肌効果があるとされ、「美人の湯」といわれる。

温泉街編集

南アルプスの南端部の山間、寸又峡に18軒の旅館が存在する。中には町営の露天風呂も存在する。ツーリングの名所でもあり、休日になるとオートバイがよく集まる。

歴史編集

1962年(昭和37年)にボーリングにより源泉開発が行われ、温泉街が開かれた。温泉自体は1889年(明治22年)から北側の湯山地区に存在したが、大間ダム建設とともに沈んだ。源泉もこの地区にある。この温泉の名前を全国区にしたのが、1968年金嬉老事件である。

1951年(昭和26年)から1963年(昭和38年)まで、千頭森林鉄道千頭駅~尾崎坂にて、寸又峡温泉への宿泊客用に列車が運行されていた。客車「すまた1号 - 3号」は地元の観光協会が用意したもので、元浜松電気鉄道のガソリンカーを改造した車両であった。この客車を中部電力所有の機関車で牽引した。

アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集