寺下紀子

日本の将棋棋士

寺下 紀子(てらした のりこ、1940年6月20日 - )は、LPSA(日本女子プロ将棋協会)所属の女流棋士1985年引退(引退後にLPSAへ移籍)。LPSAの中で最年長。東京都大田区出身、千葉県市川市在住。LPSA番号4。以前は日本将棋連盟に所属し、当時の女流棋士番号は旧5。師匠はいない[1]

人物編集

  • 1974年ごろにアマチュア大会で活躍し、同年創設された女流棋士第1号の一人として、初段でスタートした。
  • 女流棋士公式戦の第1号局は、1974年10月31日に将棋会館で行われた、第1回女流名人位戦予選の寺下紀子初段-村山幸子初段戦だった。名人位戦予選では決勝で関根紀代子二段を相手の反則で破り、初代の女流名人位を蛸島彰子三段と争った(段位は当時)。
  • 趣味はゴルフと生花で、生花は草月流師範の腕前である。
  • 2007年の日本女子プロ将棋協会独立にあたって将棋連盟を退会した。

昇段履歴編集

  • 1974年10月31日 - 女流初段
  • 1974年11月 - 女流二段
  • 1985年5月 - 引退、女流三段
  • 1993年11月 - 女流四段

棋戦歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 寺下紀子 女流四段(女流棋士番号5)”. 日本将棋連盟. 2002年2月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集