メインメニューを開く

寺内町(てらうちまち)は秋田県南秋田郡にかつて存在した町。現在の秋田市寺内八橋将軍野のそれぞれ大部分と、土崎港外旭川のそれぞれ一部を合わせた範囲に相当する。

てらうちまち
寺内町
廃止日 1941年4月1日
廃止理由 編入合併
南秋田郡土崎港町寺内町広山田村
河辺郡新屋町秋田市
現在の自治体 秋田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 秋田県
南秋田郡
総人口 5,260
国勢調査、1940年)
隣接自治体 秋田市
南秋田郡:土崎港町飯島村外旭川村
河辺郡:新屋町
寺内町役場
所在地 秋田県南秋田郡寺内町寺内字神屋敷
 表示 ウィキプロジェクト

歴史編集

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 5 秋田県
  • 「秋田市史 第四巻 近現代I 通史編」秋田市編、2004年
  • 「図説 久保田城下町の歴史」渡部景一、無明舎出版、1983年、ISBN 978-4-89544-499-6
  • 秋田市 地名小辞典

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「秋田市史 第四巻」p.16。
  2. ^ 「秋田市史 第四巻」p.18。
  3. ^ 「秋田市史 第四巻」p.288。
  4. ^ 「角川日本地名大辞典 5 秋田県」pp.430-431。

関連項目編集