メインメニューを開く

寺岡 孝(てらおか たかし、1942年9月13日 - 2011年2月4日)は、宮崎県出身のプロ野球選手外野手一塁手)、野球指導者。

寺岡 孝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県
生年月日 (1942-09-13) 1942年9月13日
没年月日 (2011-02-04) 2011年2月4日(68歳没)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1965年
初出場 1965年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

引退後は南海広島大洋ダイエー台湾プロ野球韓国プロ野球で監督・コーチを務めた。

来歴・人物編集

宮崎県立宮崎商業高等学校ではエースとして活躍。1960年春季九州大会に県予選を勝ち抜き進出、しかし1回戦で常磐高に敗退。同年夏の甲子園県予選では準々決勝に進むが、日南高に延長13回0-1で惜敗し、甲子園には出場できなかった。

卒業後は専修大学に進学し、野手転向。東都大学リーグでは優勝に届かず、二部リーグ陥落も経験した。一部リーグ通算70試合出場、220打数59安打、打率.268、4本塁打、25打点。1964年春季リーグでベストナイン(一塁手)受賞。1年下のチームメートに三塁手佐野真樹夫がいた。

1965年広島カープに入団。1年目から一軍で起用され、同年は一塁手、外野手として32試合に先発出場。1966年にはウエスタン・リーグで首位打者を獲得。その後も準レギュラーとして起用されるが、1970年に大学の先輩である古葉竹識と共に南海ホークスに移籍。1971年には外野手として22試合に先発するが、1972年限りで現役引退。

引退後は、1973年から1975年まで南海コーチ、1976年に広島監督の古葉の要請で広島に復帰して一軍コーチを務め、1979年1980年1984年と3度のリーグ優勝・日本一に貢献。1985年に古葉と共に退団。

1986年は南海一軍外野守備走塁コーチを務め、1987年に古葉の横浜大洋ホエールズ監督就任に伴い大洋一軍ヘッドコーチに就任したが成績不振の為、1989年限りで古葉と共に退団。

その後は韓国プロ野球三星ライオンズのコーチ、台湾プロ野球俊国ベアーズの監督を経て、1995年福岡ダイエーホークス一軍ヘッドコーチに就任した。監督には王貞治が就任。初年度のコーチスタッフに寺岡、高橋慶彦達川光男といった広島OBや、広島県出身の村田兆治というメンバーで固めた。これは巨人にはもう戻らないと決めた王が、監督時代に機動力を使ったいやらしい野球に苦しめられた経験から、広島OBに目を付け前述のメンバーすべてに王自身が直接電話をかけて誘ったものだが[1]、当時は直前まで古葉(広島に加えホークスOB、そして九州人)が監督に就任する予定で、そのためコーチスタッフも前述のメンバーに決まっていて王はやむなく「現役の時から広島の野球が素晴らしいと思っていた」という説明をしたと噂された。しかし王自身、それは違うと話している[1]。寺岡は1996年まで一軍ヘッドコーチ、1997年二軍監督を務め、同年で退団。以後は台湾プロ野球の味全ドラゴンズ中信ホエールズのコーチを歴任。その後はクラブチームサムライ那覇でコーチを務める傍ら、野球タイ王国代表の監督も務め、2009年から2010年まで台湾プロ野球の興農ブルズでコーチを務めた。

2011年2月4日、沖縄県西原町の病院で死去。68歳没[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集


















































O
P
S
1965 広島 58 138 130 6 32 4 0 0 36 9 2 3 1 0 5 0 2 19 1 .246 .285 .277 .562
1966 56 82 80 6 14 3 0 2 23 8 1 0 0 0 2 0 0 19 3 .175 .195 .288 .483
1967 69 159 152 13 33 7 0 5 55 14 1 1 0 1 4 0 2 31 4 .217 .247 .362 .609
1968 19 43 42 5 8 1 0 1 12 5 0 0 0 0 1 0 0 13 0 .190 .209 .286 .495
1970 南海 59 116 109 20 23 5 0 5 43 17 2 0 0 1 5 0 1 20 2 .211 .252 .394 .647
1971 53 130 122 18 26 4 0 5 45 20 0 4 0 0 5 2 3 23 1 .213 .262 .369 .630
1972 18 21 21 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .095 .095 .143 .238
通算:7年 332 689 656 69 138 25 0 18 217 73 6 8 1 2 22 2 8 130 12 .210 .245 .331 .576

背番号編集

  • 3 (1965年 - 1969年)
  • 35 (1970年 - 1972年)
  • 76 (1974年 - 1989年、1993年 - 1994年)
  • 88 (1995年 - 1996年)
  • 71 (1997年)

脚注・出典編集

  1. ^ a b スポーツニッポン〈連載 王貞治の我が道〉、2008年12月31日、5頁
  2. ^ “寺岡孝氏死去 元プロ野球選手”. 47NEWS. (2011年2月5日). オリジナルの2011年2月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110209234013/http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011020401000864.html 2011年2月16日閲覧。 

関連項目編集