メインメニューを開く

株式会社寺岡精工(てらおかせいこう)とは、計量器やPOSを製造、販売している企業。食料品店や食品加工工場に強い。粘着テープの製造で知られる寺岡製作所とは無関係である。

株式会社寺岡精工
TERAOKASEIKO CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
146-8580
東京都大田区久が原5-13-12
設立 1947年7月
1934年11月(創立)
業種 製造業
法人番号 9010801007647
事業内容 電子はかり、POSシステム、倉庫管理システム、店舗管理システム、浄水システム、リサイクル処理機などの製造、販売、保守
代表者

代表取締役会長 兼 Chief Technology Architect 寺岡和治

代表取締役社長 山本 宏輔
資本金 1億円
売上高 915億円(2016年度)
従業員数 3,536名(連結・2016年12月31日現在)
主要子会社 株式会社デジアイズ、株式会社デジジャパン、寺岡オートドア株式会社
関係する人物 寺岡豊治(創業者)
外部リンク http://www.teraokaseiko.com/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1928年昭和3年) - 朝日衡器製作所設立、「寺岡式敏感自動バネ秤」を発売。
  • 1934年(昭和9年)11月 - 寺岡研究所設立。
  • 1935年(昭和10年) - バネを使用した「寺岡式敏感自動バネ秤」を家庭用に量産開始した。
  • 1938年(昭和13年) - 社名を寺岡精工所(てらおかせいこうじょ)に変更。
  • 1951年(昭和26年)2月 - 販売部門から独立し、寺岡はかり株式会社(現在は株式会社テラオカ)を設立[1]
  • 1954年(昭和29年) - 日本初の自動巻上カメラ「オートテラI」発売。
  • 1984年(昭和59年)2月 - 寺岡はかり株式会社の社名を株式会社テラオカに変更し、資本金を1億円に増資。
  • 2005年平成17年) - キャッシュレジスタ、POS製品に強みを持つアスター精機と合併。

製品編集

レジスタ・POSシステム編集

2010年代以降、量販店向けにスピーディな支払いシステムの一つとして「チェックアウトレボリューション(スピードセルフ・スマイルセルフ、運営会社で名称は異なる)」という名称のセミセルフシステム[2]を開発・提供している[3]。自社のレジと精算機でのワンセット対応が基本だが、イオングループでの導入例の様に他社(この場合は東芝テック製)の読み取りシステム(既存のレジを活用)と自社の精算機を組み合わせて使用する場合もある[4]

計量器編集

その他の製品編集

1955年(昭和30年)発売の「オートテラI」でカメラに参入したが、1959年(昭和34年)発売のオートテラスーパーを最後に撤退した。

飲食店向け製品編集

  • 2006年(平成18年)11月に飲食店総合マネージメントシステム『Delious(デリオス)』を発売する。
  • 2008年平成20年)12月に販促機能を持った次世代タッチパネル券売機『セラップ』を発売する。
  • 2009年(平成21年)12月にスタイリッシュ・コンパクトPOSレジスター『A4(エーフォー)』を発売する。

広告編集

  • 広告展開についてはあまり積極的ではなかったが、1960年代よりラジオCMでの展開を行なってきた。

その中で1987年昭和62年)4月スタートの文化放送の人気昼ワイド「吉田照美のやる気MANMAN!」(2007年3月30日で番組終了)の1コーナーのスポンサーに昇格して、物議を醸した(当初のコーナー提供枠は「おっと危ない照美倶楽部」後に「午後2時の興味津々」へコーナーを移動する)。

同番組を途中で降板した後はニッポン放送の朝ワイド番組内で7:39頃〜7:44頃までの間に月〜金の帯で20秒ラジオCMを流している。

関連企業編集

脚注編集

  1. ^ (株)テラオカ|TERAOKAグループ”. 寺岡精工. 2016年9月2日閲覧。
  2. ^ 商品のスキャンは店員が行い、商品の支払いは顧客自身が行う。
  3. ^ チェックアウトレボリューション”. 寺岡精工. 2016年9月2日閲覧。
  4. ^ 運営会社によって異なり、マックスバリュ九州では寺岡純正品をイオン風に手直しして使用している

関連項目編集

外部リンク編集