寺島 良安(てらしま りょうあん、1654年承応3年)- 没年不詳)は、江戸時代前期から中期の医師である。字は尚順。別号に杏林堂。

経歴・人物編集

出羽能代(一説に大坂高津)で商人の子として生まれる。

後に大坂に移り、同郷の伊藤良立及び和気仲安の門人となり医学本草学を学んだ。後にこの業績により、大坂城入医師となり法橋に叙せられる。この間に明代の医学の影響を受けた著書を多く刊行し、学業における和漢の概念を唱える等名を馳せた。その後の生涯は不明であるが、享保の頃に没したといわれている。

主な著作物編集

主著編集

その他の著書編集

  • 『通俗三才諸神本紀』
  • 『済世宝』
  • 『弘法大師略伝』

等。

出典編集

外部リンク編集