メインメニューを開く

寺崎 昌男(てらさき まさお、1932年9月26日[1] - )は、日本教育学者東京大学桜美林大学名誉教授。

福岡県生まれ。東京大学大学院教育学研究科修了。1967年「日本における大学自治制度の成立過程」で教育学博士[2]。財団法人野間教育研究所所員。立教大学教授。1979年、東京大学教育学部教授。1993年、定年退官、名誉教授、桜美林大学教授。2003年退職、名誉教授、立教学院本部調査役。

著書編集

  • 『日本における大学自治制度の成立』評論社 1979
  • 『プロムナード東京大学史』東京大学出版会 1992 『東京大学の歴史 大学制度の先駆け』講談社学術文庫
  • 『大学の自己変革とオートノミー 点検から創造へ』東信堂 1998
  • 『大学教育の創造 歴史・システム・カリキュラム』東信堂 1999
  • 『大学教育の可能性 教養教育・評価・実践』東信堂、2003
  • 『大学は歴史の思想で変わる FD・評価・私学』東信堂 2006
  • 『大学改革その先を読む 立教大学「大学教育開発・支援センター」連続セミナー講演記録』東信堂 2007
  • 『大学自らの総合力 理念とFDそしてSD』東信堂 2010

共編著編集

  • 『大学教育』海後宗臣共著 東京大学出版会 1969 戦後日本の教育改革
  • 『戦後の大学論』編・解説 評論社 1970 復初文庫
  • 『史料教育法』神田修,平原春好共編 学陽書房 1973
  • 『教育小事典』平原春好共編 学陽書房 1982
  • 『総力戦体制と教育 皇国民「錬成」の理念と実践』戦時下教育研究会共編 東京大学出版会 1987
  • 『日本の教師 18 女性教師として生きる』鈴木そよ子共編 ぎょうせい 1993
  • 『日本の教育課題 第6巻 選抜と競争』東京法令出版 1994
  • 『日本の教師 22-23 歴史の中の教師』前田一男共編 ぎょうせい 1993-1994
  • 『日本の教師 17 校長として、リーダーとして』小熊伸一共編 ぎょうせい 1994
  • 『日本の教師 2 障害をおう子どもに学ぶ』前田一男共編 ぎょうせい 1995
  • 『「文検」の研究 文部省教員検定試験と戦前教育学』「文検」研究会共編 学文社 1997
  • 『教育名言辞典』編 東京書籍 1999
  • 『教科書でみる近現代日本の教育』海後宗臣,仲新共著 東京書籍 1999
  • 『大学史をつくる 沿革史編纂必携』別府昭郎,中野実共編著 東信堂 1999
  • 『戦後教育改革構想』責任編集 小川利夫,平原春好企画・編集 日本図書センター 2000
  • 『日本の教育課題 第3巻 なぜ学校に行くのか』東京法令出版 2000
  • 『「文検」試験問題の研究 戦前中等教員に期待された専門・教職教養と学習』「文検」研究会共編 学文社 2003
  • 『名著解題』古沢常雄,増井三夫共編 協同出版 2009 教職課程新書

出典・脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.330
  2. ^ 日本における大学自治制度の成立過程 寺崎昌男”. 国立国会図書館. 2012年8月4日閲覧。

参考編集