メインメニューを開く

寺田 隆信(てらだ たかのぶ、1931年5月-2014年8月11日[1])は、中国史学者、東北大学名誉教授。

兵庫県姫路市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程(東洋史専攻)単位取得退学。74年「山西商人の研究 明代における商人および商業資本」で京都大学文学博士。京都大学人文科学研究所教授、83年東北大学教授、94年定年退官、名誉教授、いわき明星大学学長。鹿角市(秋田県)先人顕彰館名誉館長。

1985年に高句麗広開土王碑を調査した。

目次

著書編集

  • 永楽帝』人物往来社「中国人物叢書」 1966、中公文庫 1997
  • 『山西商人の研究 明代における商人および商業資本』「東洋史研究叢刊」東洋史研究会(京都大学文学部内) 1972
  • 鄭和 中国とイスラム世界を結んだ航海者』清水書院「Century books」 1981
    • 「中国の大航海者・鄭和」 清水新書 1984
  • 『物語中国の歴史 文明史的序説』中公新書 1997
  • 紫禁城史話 中国皇帝政治の檜舞台』中公新書 1999
  • 『明代郷紳の研究』東洋史研究叢刊:京都大学学術出版会 2009

共著編集

  • 『中国の歴史 6 元・明』愛宕松男共著 講談社 1974
  • 『好太王碑 50年ぶりに見た高句麗の遺跡』 ぎょうせい 1985
  • 『好太王碑探訪記』井上秀雄共編 日本放送出版協会 1985
  • 『中国の群雄8 亡国の皇帝』講談社 1998、「明の崇禎帝」を収録

翻訳編集

参考編集

  • 寺田隆信教授の業績と学風 熊本崇 「文化」東北大学 1995-03

編集