対特殊武器衛生隊(たいとくしゅぶきえいせいたい、NBC Counter Medical Unit:NBCCBMed)は、陸上自衛隊三宿駐屯地に所在する陸上総隊隷下の衛生科部隊である[1]

対特殊武器衛生隊
創設 2008年(平成20年)3月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 衛生科
兵種/任務/特性 NBC兵器対策、方面隊支援
所在地 東京都 世田谷区
編成地 三宿
上級単位 陸上総隊
担当地域 日本全国
テンプレートを表示

任務編集

中央特殊武器防護隊や他の衛生科部隊と連携し、NBC兵器攻撃による傷病者の診断・治療を行う[2]。2個対特殊武器治療隊編制であり、特に生物兵器対応を主眼とし[3]、生物兵器同定のための機材の他、治療用の機動展開ができる衛生検査ユニットや陰圧室ユニットを装備している[2]福島第一原子力発電所事故に際しても、派遣されており、自衛隊員の被曝線量管理等を行っている[2][4]

沿革編集

  • 2007年(平成19年)4月5日:対特殊武器衛生隊準備隊編成完結。

部隊編成編集

  • 隊本部
  • 本部付隊
  • 第101対特殊武器治療隊
  • 第102対特殊武器治療隊

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
対特殊武器衛生隊長 1等陸佐 長川真治 2018年08月01日 防衛医科大学校准教授
自衛隊中央病院
歴代の対特殊武器衛生隊長
医官たる1等陸佐[2]
氏名 在職期間 前職 後職
01 岩﨑誠 2008年03月26日 - 2009年11月30日 自衛隊札幌病院診療技術部長 自衛隊札幌病院第1内科部長
兼 診療技術部長
02 岩田克喜 2009年12月01日 - 2011年11月30日 自衛隊福岡病院総務部長 東部方面衛生隊
03 江口英孝 2011年12月01日 - 2013年07月31日
※2012年07月01日 1等陸佐昇任
陸上幕僚監部衛生部薬務班長
2等陸佐
自衛隊中央病院衛生資材部薬剤課長
04 川下康徳 2013年08月01日 - 2015年07月31日 第1師団司令部第4部長 中央即応集団司令部(朝霞)付
05 西山靖将 2015年08月01日 - 2018年07月31日 自衛隊中央病院総務部健康管理課長
兼 第1内科勤務
陸上幕僚監部衛生部付
06 長川真治 2018年08月01日 - 防衛医科大学校准教授
兼 自衛隊中央病院

脚注編集

  1. ^ a b 陸上総隊の編成”. 陸上自衛隊 陸上総隊. 2018年3月29日閲覧。
  2. ^ a b c d 中央即応集団 その編成と活動,菊池雅之,PANZER 臨時増刊 スピアヘッド No16,P58-73,アルゴノート社,P64
  3. ^ http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2008/2008/html/k3122300.html 核・生物・化学(NBC)兵器への対応 平成20年防衛白書
  4. ^ 対特殊武器衛生隊 2陸佐 山本哲生 (2011年9月1日). “原子力災害派遣活動医療業務に従事して”. 防衛ホーム. 2014年3月5日閲覧。

関連項目編集