対話篇(たいわへん[1]: dialogue, ダイアローグ)とは、複数の登場人物の間での対話形式を採った文学ないし学術作品である。独白モノローグ)と対になる概念である[2]

古より対話形式で著作を著した作家、叙述家、学者は多く、中でも西洋においては、哲学者プラトンは膨大な著作のほとんどを対話篇で著したことで有名であり、東洋においても古代中国の諸子百家の書や仏教経典などにも対話篇を採用したものがある。

対話篇の利点は話し言葉で書かれることが多いことによる記述の平明さ、そして著者の思考の筋道を読者が追うことができる点などがある。しかし、欠点もあり、例えば、複数の登場人物が出てくることからいったいどの登場人物の主張が著者自身の主張であるかがぼやけかねないという点がある。現にデイヴィッド・ヒュームの『自然宗教に関する対話』の登場人物のうちクレアンテスかフィロンのどちらがヒューム自身の見解であるかについては現代でも論争の種である。

有名な対話篇の著作編集

脚注編集

  1. ^ 短篇を短編と表記するように、「対話編」と表記されることがある。「編」は「篇」の代用字。出典:デジタル大辞泉(小学館)
  2. ^ モノローグとは - コトバンク
  3. ^ 天文対話とは

関連項目編集