メインメニューを開く

寿 志郎(ことぶき しろう、1968年[1] - 2016年6月15日)は、日本イラストレーター。本名は小林 廣(こばやし ひろし)[1][2]

グラビアのような艶かしく肉感的な女性のイラストを得意とする。漫画家の江口寿史に影響を受けている。趣味はサッカー観戦[3]

来歴編集

群馬県利根郡利根村(現・沼田市利根町)出身[1]群馬県立沼田高等学校卒業[1]。1991年、東京理科大学在学中の4年生時にバイク事故で首を骨折し頚椎損傷で首下麻痺、重度障がい者となった。その後、同大学を中退。24歳の時、リハビリ施設で口で筆を持ち絵を書くことを勧められ、独学で絵を学ぶ[3]。女性キャラクターを描くのは、どうせ描くならやる気の出るモチーフがいいからだという[4]

2003年、女子プロレスを題材としたコナミデジタルエンタテインメントPS2用ソフト『ランブルローズ』のキャラクターデザイン制作に参画、続編の『ランブルローズXX』にも同様に協力する[5]。2010年には、群馬県庁昭和庁舎にて個展を開催。口のみで絵を描いている経緯から、障がい者向けイラストテクニック教本の制作協力に携わる。

2016年6月15日未明に死去したことが、本人のフェイスブック上にて、親族により明らかにされた[6]。死因は心疾患[2]。47歳没。

主な作品編集

キャラクターデザイン編集

その他編集

  • デジ絵の文法』第3シーズン 第18話「寿志郎〜艶髪ビーチバレー美女〜」出演
  • 『寿志郎個展』 2010年3月26日(金) - 4月6日(水)に群馬県庁昭和庁舎で開催
  • 『国際藝術振興協会ギャラリー』 2010年8月 - 、本庄早稲田駅(JR上越新幹線)改札口横
  • 『寿志郎イラストテクニックス01』 NPO法人「リボングラフィックス」

脚注編集

外部リンク編集