圏論において,射影的対象(しゃえいてきたいしょう,: projective object)の概念は射影的加群の概念を一般化する.

の対象 P射影的とは,hom関手

全射を保つことをいう.つまり,任意の射 は任意の全射 YX を通して分解する.

アーベル圏とする.この文脈では,対象 射影的対象であるとは,

完全関手であることをいう.ただし アーベル群である.

射影的対象の双対概念は単射的対象の概念である:アーベル圏 の対象 Q単射的であるとは, から への関手 が完全であることをいう.

充分射影的対象をもつ編集

 アーベル圏とする. 充分射影的対象をもつ (have enough projectives) とは,  の任意の対象 A に対して,  の射影的対象 P完全列

 

が存在することをいう.言い換えると,射 p: PA全射である.

編集

R1 をもつとする.左 R 加群の圏   を考える.  はアーベル圏である.  における射影的対象はちょうど射影左 R 加群である.なので R はそれ自身   の射影的対象である.双対的に,  における単射的対象はちょうど単射的左 R 加群である.

左(右)R 加群の圏は充分射影的対象を持つ.なぜならば,任意の左(右)R 加群 M に対して,F として M の生成集合 XM でよい)によって生成される自由(したがって射影)R 加群をとることができるからである.すると 標準射影 π: FM が所望の全射である.

参考文献編集

  • Mitchell, Barry (1965), Theory of categories, Pure and applied mathematics, 17, Academic Press, ISBN 978-0-124-99250-4, MR0202787 

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示-継承 3.0 非移植のもと提供されているオンライン数学辞典『PlanetMath』の項目Projective objectの本文を含む

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示-継承 3.0 非移植のもと提供されているオンライン数学辞典『PlanetMath』の項目Enough projectivesの本文を含む