将棋の女流タイトル在位者一覧

ウィキメディアの一覧記事
この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。(Template:色)

将棋のタイトル在位者一覧(しょうぎのタイトルざいいしゃいちらん)は、将棋の女流タイトル在位者の一覧であり、1974年(昭和49年)度に女流名人位戦が発足してから現在までの7タイトル各年度の在位者を網羅する。タイトル在位期間は次期の番勝負終了までとなる。

一覧編集

  • 開催年度と月は番勝負が行われた年月[注 1]
  • 3期以上のタイトルを獲得した女流棋士等の名前には着色している。
  • Q - クイーン称号の規定条件達成(退会者も含む)
  • - 個人の初獲得タイトル
  • - 個人の最終保持タイトル(引退棋士のみ)
  • 斜体 - 女流棋士でない者

2010年 -編集

開催
年度
女子オープン
4-5月
女流王位戦
5-6月
清麗戦
8-9月
白玲戦
9-11月
女流王将戦
10月
女流王座戦
10-12月
倉敷藤花戦
11月
女流名人戦
1-2月
備 考
女王 女流王位 清麗 白玲 女流王将 女流王座 倉敷藤花 女流名人
2021
(令3)
白玲戦創設
2020
(令2)
第13期
西山朋佳
第31期
里見香奈
第2期
里見香奈
第42期
西山朋佳
西山朋佳
里見香奈
第28期
里見香奈
里見香奈か
加藤桃子
2019
(令元)
西山朋佳 里見香奈Q 第1期
里見香奈
第41期
西山朋佳
第9期
西山朋佳
里見香奈 第46期
里見香奈
清麗戦創設
里見香奈六冠(=清麗、初)・クイーン王位獲得・女流名人11連覇
2018
(平30)
西山朋佳 渡部愛 里見香奈 里見香奈 里見香奈 里見香奈
2017
(平29)
加藤桃子 里見香奈 里見香奈 里見香奈 里見香奈 里見香奈
2016
(平28)
加藤桃子 里見香奈 里見香奈Q 里見香奈 里見香奈 里見香奈 里見香奈クイーン王将獲得
2015
(平27)
加藤桃子 里見香奈 里見香奈 加藤桃子 里見香奈 里見香奈
2014
(平26)
加藤桃子 甲斐智美 香川愛生 加藤桃子 里見香奈 里見香奈 女流名人位戦の名称を「女流名人戦」に変更
初の「非-女流棋士」同士のタイトル戦(=女流王座戦)[注 2]
2013
(平26)
里見香奈 甲斐智美 香川愛生 里見香奈 甲斐智美 里見香奈Q 里見香奈五冠(=マイナビ、初)・クイーン名人獲得
2012
(平24)
上田初美 里見香奈 里見香奈 加藤桃子 里見香奈Q 里見香奈 里見香奈クイーン倉敷藤花獲得
2011
(平23)
上田初美 甲斐智美 里見香奈 第1期
加藤桃子
里見香奈 里見香奈 女流王座戦創設
加藤桃子初の「非-女流棋士」[注 3]のタイトル戦出場・獲得
2010
(平22)
第3期
甲斐智美
第21期
甲斐智美
第32期
里見香奈
第18期
里見香奈
第37期
里見香奈
女流王位戦、開催時期を5-6月に移動
清水18年ぶり無冠(=女流王将戦)
開催
年度
女王 女流王位 清麗 白玲 女流王将 女流王座 倉敷藤花 女流名人 備 考
女子オープン
4-5月
女流王位戦
5-6月
清麗戦
8-9月
白玲戦
9-11月
女流王将戦
10月
女流王座戦
10-12月
倉敷藤花戦
11月
女流名人位戦
1-2月

1974年 - 2009年編集

開催
年度
女子オープン
4-5月
女流王将戦
5-6月
女流王位戦
9-11月
倉敷藤花戦
11月
女流名人位戦
1-2月
備 考
女王 女流王将 女流王位 倉敷藤花 女流名人
2009
(平21)
第2期
矢内理絵子
第31期
清水市代
第20期
清水市代
第17期
里見香奈
第36期
里見香奈
女流王将戦再開、開催時期を10月に移動
清水史上最年長タイトル(=女流王位戦、40歳10か月)
2008
(平20)
第1期
矢内理絵子
清水市代 石橋幸緒 里見香奈 清水市代 女流王将戦休止
2007
(平19)
清水市代 石橋幸緒 清水市代 矢内理絵子 女子オープン創設(番勝負は翌年4-5月開催)
2006
(平18)
千葉涼子 清水市代 斎田晴子 矢内理絵子 4タイトルを4人が分け合う
清水女流王位9連覇
2005
(平17)
千葉涼子 清水市代 清水市代 矢内理絵子
2004
(平16)
中井広恵 清水市代 清水市代 清水市代
2003
(平15)
中井広恵 清水市代 中井広恵 清水市代
2002
(平14)
中井広恵 清水市代 中井広恵 中井広恵 中井三冠(=女流王将戦)
2001
(平13)
清水市代 清水市代 中井広恵 中井広恵
2000
(平12)
清水市代Q 清水市代 清水市代 斎田晴子 清水クイーン王将獲得(クイーン四冠)
1999
(平11)
石橋幸緒 清水市代 清水市代 中井広恵
1998
(平10)
清水市代 清水市代Q 清水市代Q 清水市代 清水四冠独占(=女流王位戦、2度目)・
クイーン王位・クイーン倉敷藤花獲得
1997
(平9)
斎田晴子 矢内理絵子 清水市代 清水市代
1996
(平8)
清水市代 清水市代 清水市代 清水市代Q 清水四冠独占(=女流王将戦、初)・クイーン名人獲得
1995
(平7)
中井広恵 清水市代 清水市代 清水市代
1994
(平6)
斎田晴子 清水市代 清水市代 清水市代 清水三冠(=女流名人位戦、初)
1993
(平5)
清水市代 清水市代 第1期
林葉直子
中井広恵 大山名人杯倉敷藤花戦創設
1992
(平4)
清水市代 中井広恵 中井広恵Q 中井クイーン名人獲得
1991
(平3)
林葉直子Q 中井広恵 中井広恵 林葉女流王将10連覇[注 4]
1990
(平2)
林葉直子 第1期
中井広恵
林葉直子
1989
(平元)
林葉直子 清水市代 女流王位戦創設(番勝負は翌年4-6月[注 5])
1988
(昭63)
林葉直子 中井広恵
1987
(昭62)
林葉直子 清水市代
1986
(昭61)
林葉直子 中井広恵
1985
(昭60)
林葉直子 中井広恵
1984
(昭59)
林葉直子 林葉直子
1983
(昭58)
林葉直子 林葉直子
1982
(昭57)
林葉直子 林葉直子 林葉史上最年少タイトル(=女流王将戦、14歳4か月)
1981
(昭56)
蛸島彰子 蛸島彰子
1980
(昭55)
蛸島彰子 山下カズ子
1979
(昭54)
第1期
蛸島彰子
山下カズ子
1978
(昭53)
山下カズ子 女流王将戦創設(番勝負は翌年4-5月開催)
1977
(昭52)
山下カズ子
1976
(昭51)
蛸島彰子
1975
(昭50)
蛸島彰子
1974
(昭49)
第1期
蛸島彰子
女流名人位戦創設(11月[注 6])
開催
年度
女王 女流王将 女流王位 倉敷藤花 女流名人 備 考
女子オープン
4-5月
女流王将戦
4-6月
女流王位戦
10-11月
倉敷藤花戦
11月
女流名人位戦
1-2月

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 女流王将戦については公式サイトでの結果一覧の年度は1期から14期までは予選開始年度、15期以降は番勝負が行われた年度で表記されているが(霧島酒造杯女流王将戦 過去の結果)、時系列の関係でここではすべて番勝負が行われた年月に統一。
  2. ^ 第4期女流王座戦は、タイトル保持者である里見が体調不良による休場のためタイトルを返上し、本戦トーナメントの決勝進出者2名による五番勝負となった[1][2]
  3. ^ 奨励会1級(出場時点)
  4. ^ 女流王将10連覇を偉業を称えこの年にクイーンの称号が設けられた。しかしその後、日本将棋連盟を退会したため現在はその称号を名乗る資格を失っている。
  5. ^ 開始当初は4月-6月に実施されていた。1993年(4期)から2009年(20期)までは9月-11月に開催時期を移動。
  6. ^ 開始当初は11月に実施されていた。1979年(6期)以降は翌年1-2月に開催時期を移動。

出典編集

  1. ^ 里見女流二冠、休場延長のお知らせ” (日本語). 日本将棋連盟 (2014年8月29日). 2019年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月2日閲覧。
  2. ^ 第4期リコー杯女流王座戦決勝五番勝負対局者決定およびスケジュールについて” (日本語). 日本将棋連盟 (2014年8月29日). 2019年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月2日閲覧。

関連項目編集