将棋大会のシード条件(しょうぎたいかいのシードじょうけん)では、将棋の棋戦のシード条件について述べる。

プロが参加する将棋大会編集

将棋大会とシード条件
棋戦 リーグ/トーナメント 人数 シード条件
竜王戦 1組 16名 前期竜王戦七番勝負敗者
前期1組残留/2組上位4名
2~5組 2・3組/16名

4・5組/32名

前期降級者4名
前期残留者
前期昇級者4名
6組 アマ5名
奨励会員1名
女流4名
アマチュア竜王戦上位者(原則ベスト4以上)・支部名人
前期三段リーグ参加者(昇段に至らなかった成績上位者1名)
女流棋士上位4名
名人戦 順位戦A級 10名 前期名人戦七番勝負敗者
前期順位戦A級残留者(原則8位以上)
B級1組2位以上
叡王戦 本戦
(第4期より)
8名 本戦シードは下記の優先順上位から8名に達するまで
  1. 前期ベスト4以上(七番勝負の敗者を含む)
  2. タイトル保持者(序列順)
  3. 全棋士参加棋戦優勝者(叡王戦予選抽選日から優勝決定日が近い順)
  4. 叡王戦成績上位者(前期までの実績で主催により協議)
四段予選
(第5期より)
女流1名
アマ1名
女流代表決定戦(出場条件不明)の優勝者
アマチュア代表決定戦(出場条件不明)の優勝者
王位戦 挑戦者決定リーグ

(紅組・白組)

4名 前期王位戦七番勝負敗者
前期挑戦者決定リーグ残留者(各組2位以上)
予選 女流2名 女流王位及び挑戦者
王座戦 挑戦者決定トーナメント 4名+α 前期王座戦五番勝負敗者
前期挑戦者決定トーナメントベスト4以上/タイトル保持者
2次予選 順位戦B級2組以上
前期挑戦者決定トーナメント出場
タイトル挑戦者および失冠者
全棋士参加棋戦優勝者
前期予選成績上位者(一次予選通過者で二次予選1勝以上)
1次予選 女流4名 (選抜条件不明)
棋王戦 挑戦者決定トーナメント

(3回戦シード)

4名 前期棋王戦五番勝負敗者
前期挑戦者決定トーナメントベスト4以上
挑戦者決定トーナメント タイトル保持者/永世称号者/順位戦B級1組以上
予選 アマ1名

女流1名

全日本アマチュア名人戦優勝者
女流名人
王将戦 挑戦者決定リーグ 4名 前期王将戦七番勝負敗者
前期挑戦者決定リーグ残留(4位以上)
2次予選 前期挑戦者決定リーグ陥落(2回戦シード)
タイトル保持者/永世称号者/順位戦A級
棋聖戦 決勝トーナメント 4名~8名 前期棋聖戦五番勝負敗者
決勝トーナメントベスト4以上
タイトル保持者/永世棋聖(資格者)[1]
2次予選 前期決勝トーナメント出場
順位戦B級2組以上
棋聖戦五番勝負出場経験者
1次予選 女流2名 (選抜条件不明)
朝日杯将棋オープン戦 本戦/

2次予選

計24名

(8名/

16名)

シード順位(本戦シード8人、二次予選シード16人)[2]
  1. 前回ベスト4
  2. タイトル保持者
  3. 永世称号者
  4. 全棋士参加棋戦優勝者
  5. 前回本戦出場者
1次予選 アマ10名

女流3名

朝日アマ名人/朝日アマ名人戦ベスト8以上/学生名人

女流棋士3名(主催者推薦)

銀河戦 ブロック戦 アマ4名

女流2名

将棋アマチュア銀河戦全国大会優勝者

将棋プレミアム杯G1グランプリ優勝者
アマ王将・準アマ王将
女流棋士2名

16名+α タイトル保持者
前年度決勝トーナメント進出者
順位戦上位者
予選 アマ 前年度決勝トーナメント進出者であり

かつ当該年度のアマ大会でブロック戦出場権を獲得していない

NHK杯テレビ将棋トーナメント 本戦

(2回戦シード)

14名 前回ベスト4
タイトル保持者/順位戦A級所属者[3]
本戦 17名

女流1名

永世称号者/名誉NHK杯選手権者
順位戦B級1組所属者[4]
一般公式棋戦優勝者/公式棋戦成績優秀者
女流棋士1名
将棋日本シリーズ プロ公式戦

(2回戦シード)

4名 前回優勝者
タイトル保持者
獲得賞金ランキング上位者
プロ公式戦

(1回戦出場資格)

8名 (上記順での5位から12位)
新人王戦 出場資格 アマ1名
女流4名
奨励会員(人数不定)
しんぶん赤旗全国囲碁・将棋大会優勝者
26歳以下の女流棋士4名

前期奨励会三段リーグ上位者

上州YAMADAチャレンジ杯 出場資格 アマ1名 (選抜条件不明)
加古川青流戦 出場資格 女流2名
アマ3名
奨励会員(人数不定)
女流棋士2名(選考委員会推薦選出)
加古川青流戦アマチュア選抜大会 ブロック優勝者(2名)

兵庫県アマ名人

前期奨励会三段リーグ上位者

名人戦・順位戦の成績と、他棋戦のシードの関係図

永世称号者 タイトルホルダー 順位戦
A級 B級 C級 フリー
クラス
1組 2組 1組 2組
叡王戦 右記による 本戦T[5] 予選から
王位戦 予選から
王座戦 右記による 挑戦者決勝T 2次予選 1次予選
棋王戦 挑戦者決定T 予選
王将戦 2次予選 1次予選
棋聖戦 挑戦者決定T

(永世:永世棋聖資格者のみ)

2次予選 1次予選
朝日杯OP 本戦/2次予選 1次予選[2]
銀河戦 右記による ブロック戦 上位者:ブロック戦/下位者:予選
NHK 本戦1回戦 本戦2回戦[3] 本戦1回戦[4] 予選

アマチュアのみ参加する将棋大会編集

将棋大会とシード条件
棋戦名 シード条件
アマチュア竜王戦 前期アマ竜王
アマチュア名人戦 前期アマ名人/支部代表優勝
全国アマチュア王将位大会 前年度の優勝(本戦シード)
他大会優勝者(予選シード)
朝日アマ選手権 前年優勝者(決勝3番勝負)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 上記条件に該当する者が8名を超える場合、タイトル保持者や永世棋聖の資格者でも二次予選からの出場となる場合がある。
  2. ^ a b タイトル保持者・全棋士参加棋戦優勝者・前回本戦出場者以外でも、順位戦の在籍クラス・順位によっては、二次予選からの出場となることがある。
  3. ^ a b 前回ベスト4成績者とタイトル保持者の合計人数によっては、順位戦A級所属者の一部が1回戦からの出場となることがある。
  4. ^ a b 前回ベスト4成績者とタイトル保持者の合計人数によっては、順位戦B級1組所属者の一部が2回戦からの出場となることがある。
  5. ^ 序列によっては、予選からの出場となる場合がある。