メインメニューを開く

将監峠(しょうげんとうげ)は、奥秩父東部のである。埼玉県山梨県の県境に位置し、龍喰(りゅうばみ)山と牛王院平(ごおういんだいら)の最低鞍部である。 付近からは、和名倉山への登山道が分岐している。

将監峠
将監峠.jpg
所在地 埼玉県秩父市山梨県甲州市山梨県北都留郡丹波山村
座 標 北緯35度51分31秒 東経138度51分45秒 / 北緯35.85861度 東経138.86250度 / 35.85861; 138.86250座標: 北緯35度51分31秒 東経138度51分45秒 / 北緯35.85861度 東経138.86250度 / 35.85861; 138.86250
標 高 1,802 m
山 系 奥秩父山塊
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

かつての将監峠は、大洞川の最低鞍部「井戸沢のタル」とは異なった場所に位置していたようである。牛王院平周辺には、武田氏が金鉱を採掘した遺跡がある。



関連項目編集