メインメニューを開く

尉 長命(うつ ちょうめい、生没年不詳)は、中国東魏軍人本貫太安郡狄那県

経歴編集

北魏の鎮遠将軍・代郡太守の尉顕の子として生まれた。破六韓抜陵の乱が起こると、太原に移住した。531年高歓が起兵するにあたって、長命は計画に参与した。532年、高歓の下で爾朱氏を韓陵に破り、安南将軍に任じられた。534年樊子鵠兗州で乱を起こすと、長命は東南道大都督に任ぜられて、諸軍とともにこれを平定した。范陽城に移り、幽州刺史に就任して、督安平二州事をつとめた。まもなく病のため職を辞した。しばらくして、車騎大将軍・都督西燕幽滄瀛四州諸軍事・幽州刺史として再起した。幽州で死去した。生前の官位を贈られ、加えて司空の位を贈られた。を武壮といった。

子に尉興敬があり、冠軍将軍となったが、邙山の戦いで戦没した。

伝記資料編集