尊良親王

後醍醐天皇の皇子

尊良親王(たかよししんのう / たかながしんのう、1310年延慶3年)? - 1337年4月7日延元2年 / 建武4年3月6日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての皇族後醍醐天皇皇子。母は二条為世の娘・為子。宗良親王の同母兄。名前の読みが2種類あることについては、後醍醐天皇の皇子の読みを参照。

目次

経歴編集

 
尊良親王が自刃した地とされる金ヶ崎城跡の尊良親王陵墓見込地

幼少時は吉田定房に養育された。1326年嘉暦元年)に元服し、中務卿に任じられた。1331年元徳3年)1月には一品に叙任されたことから、一品中務卿親王と称された。

元弘の乱では父と共に笠置山に赴いたが、敗れて父と共に幕府軍に捕らえられ、土佐国に流された。しかし脱出して翌年には九州に移り、その後、京都に帰還した。

1335年(建武2年)、足利尊氏が後醍醐天皇に反逆すると、上将軍として新田義貞と共に討伐軍を率いたが、敗退した。翌年、九州に落ちた尊氏が力を盛り返して上洛してくると、義貞と共に北陸に逃れた。

1337年(延元2年/建武5年)1月、尊良親王が拠った越前国金ヶ崎城に足利軍が攻めて来る(金ヶ崎の戦い)。尊良親王は義貞の子・新田義顕と共に懸命に防戦したが、敵軍の兵糧攻めにあって遂に力尽き、3月6日に義顕や他の将兵と共に自害した。自害の寸前、義顕は尊良親王に落ち延びることを勧めたが、尊良親王は同胞たちを見捨てて逃げることはできないと述べて拒絶したという。

皇子・皇女編集

  • 第一皇子・守永親王(母は右大臣西園寺公顕の女・藤原清子、後醍醐天皇猶子・纂集御系図)
  • 第二皇子・基良親王(母は同上、二条良基の養子となる。後、僧籍に入り、良玄法親王、宮崎山伝正院開基)

関連項目編集

外部リンク編集