メインメニューを開く

小さな世界(ちいさなせかい、原題:“It’s a small world”)は、世界各地のディズニーパークにあるアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」のテーマソングである。

It’s a small world
ディズニーランド少年合唱団の楽曲
収録アルバム イッツ・ア・スモール・ワールド(ディズニーの小さな世界)
リリース 1964年(アトラクション開演)
1965年(レコード発売)
ジャンル 子供向け楽曲
レーベル ディズニーランド・レコード
日本の旗 日本コロムビアポニーキャニオン
作詞者 シャーマン兄弟
作曲者 シャーマン兄弟

注:楽曲自体は1964年発売のLP『Walt Disney presents It's a Small World』でも使用されている。

目次

誕生編集

1962年、ディズニーの音楽作家シャーマン兄弟(ロバート・シャーマン、リチャード・シャーマン)が、「Children of the World」と仮称されていた新アトラクションにテーマソングが必要だと考え、「It's a small world(after all)[1]を書き下ろした。

当初のバージョンは現在とは編曲が異なりスローバラードだったが、プレゼンを受けたウォルト・ディズニーの希望により、陽気でテンポの速い編曲になった。

ウォルトはこのテーマソングの出来に喜び、「Children of the World」を「It’s a small world」と改名した。

1964年発売のLP(レコード付のツアーブック)『Walt Disney presents It's a Small World』でウィンストン・ヒブラーによるナレーションと共に使用された。1965年発売のディズニーランド少年合唱団(Disneyland Boys Choir)(指揮:ポール・サラムノヴィッチ英語版)のLP『Walt Disney presents It's a Small World -18 Favorite Folk Songs-』(邦題:『イッツ・ア・スモール・ワールド』『ディズニーの小さな世界』)に収録された[2]

今日世界中で歌われ続けている童謡の一つであり、同時に「ミッキーマウス・マーチ」「星に願いを」と並んでディズニーを象徴する代表的な曲として知られている。

別バージョン編集

日本語詞編集

他にJASRACのデータベースには「みんなの地球」「海と空をつくられた主は」の曲名も登録されている。

アレンジ曲編集

その他編集

出典編集

  1. ^ Smith, Dave (2006). Disney A to Z: The Official Disney Encyclopedia. Disney Editions. p. 354. ISBN 0-7868-4919-3. 
  2. ^ このLPは世界各国の歌をカバーするコンセプトの作品で、日本の「上を向いて歩こう(スキヤキ)」も収録されている。CD化もされている。