メインメニューを開く

小さな命が呼ぶとき』(ちいさないのちがよぶとき、Extraordinary Measures)は、2010年アメリカ映画である。原作はジータ・アナンド英語版の書籍『小さな命が呼ぶとき』(新潮文庫刊)。ポンペ病の治療薬マイオザイムの開発に奔走したジョン・クラウリー英語版の実話を基に製作された作品である。

小さな命が呼ぶとき
Extraordinary Measures
監督 トム・ボーン
脚本 ロバート・ネルソン・ジェイコブス
原作 ジータ・アナンド
製作 ステイシー・シェール
マイケル・シャンバーグ
カーラ・サントス・シャンバーグ
製作総指揮 ハリソン・フォード
ナン・モラレス
出演者 ブレンダン・フレイザー
ハリソン・フォード
ケリー・ラッセル
音楽 アンドレア・グエラ
撮影 アンドリュー・ダン
編集 アン・V・コーツ
製作会社 CBSフィルムズ
Double Feature Films
配給 アメリカ合衆国の旗 CBSフィルムズ
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年1月22日
日本の旗 2010年7月24日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $31,000,000[1]
興行収入 $14,922,761[1] 世界の旗
$12,068,313[1] アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

あらすじ編集

オレゴン州ポートランド出身でエリートビジネスマンのジョン・クラウリーは、3人の子供と仲良く暮らしていた。ところが、2人の子供はポンペ病と呼ばれる難病に冒されており、余命9年を宣告されてしまう。メーガンが8歳になった頃、ジョンはネブラスカ大学でロバート・ストーンヒル博士と出会う。ストーンヒルはポンペ病を研究している1人で、ポンペ病治療の薬品開発を研究していた。ジョンは子供たちのためにすべてを捨てて、ストーンヒルと共に製薬会社を設立する。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c Extraordinary Measures (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2010年7月1日閲覧。

外部リンク編集