小倉智昭のラジオサーキット

小倉智昭のラジオサーキット(おぐらともあきのラジオサーキット)は、ニッポン放送において2006年10月14日から2012年3月31日まで放送されていたラジオ番組である。

小倉智昭のラジオサーキット[注 1]
ジャンル 音楽番組 / バラエティ番組 / トーク番組
放送方式 生放送[注 2]
放送期間 2006年10月14日 - 2012年3月31日
放送時間 土曜 13:00 - 16:00 (JST)
放送回数 270回
放送局 ニッポン放送
制作 エル・ファクトリー
パーソナリティ 小倉智昭
出演 増山さやか
飯田浩司
プロデューサー 丹羽一弘[1]
提供 トヨタ自動車(2006年 - 2009年3月)
トヨペット(2009年4月 - 2011年4月)
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

放送概要編集

テレビ東京アナウンサーであり、フリーアナウンサーの小倉智昭がパーソナリティを務める音楽・トーク番組であった。小倉自身、『小倉智昭の夕焼けアタックル』(文化放送)終了以来、7年ぶりのラジオ番組であった。

前番組は元日本テレビのアナウンサーの福澤朗による『福澤朗ラヂオ☆スター』であり、なおかつ同時間帯にはTBSラジオでは小倉と同時期に活躍していた元TBSテレビアナウンサーである久米宏の『久米宏 ラジオなんですけど』、元文化放送アナウンサーのみのもんたの『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』が編成されており、3つ巴の戦いになっていた。ニッポン放送も、それを分かっていてあえて小倉に出演をオファーしていた[2]

オトナの青春ラジオ」を番組コンセプトに、毎週「街」をテーマに大人の遊びを提案し、その町をランキング形式で紹介つつ、日替わりのリクエストテーマに沿った楽曲を流す構成であった。またニッポン放送の日中のワイド番組内で放送されていたミニ番組『TOYOTA ハッピータウンサーキット』とも連動していた。

リーマン・ショックによる景気低迷の影響で、冠スポンサーのトヨタ自動車が各媒体での広告出稿を縮小。この影響で当番組の冠スポンサーからも撤退してしまったため、2009年4月から番組構成を大幅リニューアルし、アシスタントも交代。番組前半は音楽ランキングコーナー、後半はトークゲストを招いてのテーマトークの構成になった。

2012年3月31日で番組は終了。後継番組は、元読売テレビアナウンサーで報道局解説委員長であった辛坊治郎による『辛坊治郎ズーム そこまで言うか!』。なお同番組は番組終了後に平日の帯番組として再開したものの、ヨットによる太平洋横断のために2021年4月から辛坊が番組を長期間欠席することになった。そのため小倉が火曜日のパーソナリティを担当することになり、アシスタントの増山とは9年ぶりの共演となった[3]

出演者編集

番組終了時点の出演者。

パーソナリティ編集

アシスタント編集

  • 増山さやか(ニッポン放送アナウンサー)- 2009年4月4日 - 2012年3月31日

リポーター編集

  • 飯田浩司(ニッポン放送アナウンサー)- 2006年10月14日 - 2012年3月31日[注 3]

過去編集

アシスタント編集

リポーター編集

ハッピータウンレポート編集

ミニ番組『TOYOTA ハッピータウンサーキット』との連動コーナ。

ニュースキャスター編集

以前は増田みのりや増山が担当していた。
  • 勝山達志(ニッポン放送報道部デスク)

テーマ曲編集

放送時間編集

JST表記

  • 土曜 13:00 - 16:00 - 2006年10月14日 - 2012年3月31日

放送時間変更等編集

元々この時間帯は野球中継などの特別番組が編成されることが多い枠であるため、しばしば放送休止・放送時間の短縮があった。

2006年
2008年
2011年
2012年

タイムテーブル編集

放送終了時点
生放送につき、記載されている時間は目安。また、プロ野球、Jリーグ中継や特別番組で放送時間が1時間の「濃縮バージョン(短縮放送)」となる場合は、いくつかのコーナーはカットされる。2011年10月12日から放送終了までは飯田扮する「ダースベ・イイダー[5][注 4]」が登場し、報道部の放送ブースを間借りして細かいニュースを紹介する「銀河系最新ニュース」コーナーが設定されていた。
タイムテーブル
時刻 内容 備考
13:00.00 オープニング 小倉、アシスタントの順で挨拶
13:10.00 ニッポン放送ニュース
13:13.00 オトナのためのオススメ音楽ランキング(前半パート1)
13:25.00 ニッポン放送交通情報(日本道路交通情報センター 首都高速センター担当)
13:27.00 オトナのためのオススメ音楽ランキング(前半パート2)
13:55.00 ニッポン放送天気予報
13:56.00 ニッポン放送交通情報(日本道路交通情報センター 東京センター担当)
14:00.00 2時台オープニング 13時台と同様に小倉、アシスタントの順に挨拶
14:04.00 ニッポン放送ニュース 13時台と同様
14:07.00 オグラの小部屋
14:27.00 ニッポン放送交通情報(日本道路交通情報センター 首都高速センター担当)
14:29.00 Zoom On!(後半戦)
14:35.00 オグラの小部屋 番組がピックアップしたゲストを迎えて話を伺う。
このコーナーのみ、事前収録の場合も有り
14:45.00 いなかびと リスナーの田舎ならではのエピソードを、小倉が方言混じりで読む。
15:00.00 ニッポン放送ニュース
15:05.00 教えてオグちゃん! 全国こども電話相談室』(TBSラジオ)の様に、子供リスナーからの
質問に小倉が答える
電話の際には親の同伴が必要である[注 5][6]
15:20.00 スケベ川柳 小倉百人一句(いっくぅ〜) タイトル通り、下ネタを織り交ぜた川柳を募る
15:27.00 ニッポン放送交通情報(日本道路交通情報センター 首都高速センター担当)
15:29.00 オトナのためのオススメ音楽ランキング
15:40.00 スポーツサーキット 『ニッポン放送ショウアップナイター』の中継カードを紹介し、
場合によっては中継担当の
スポーツ部所属のアナウンサーと電話中継でクロストークする
15:48.00 ニッポン放送ニュース・天気予報
15:51.00 ニッポン放送交通情報(日本道路交通情報センター 九段センター担当)
15:54.00 エンディング

終了コーナー編集

番組冠スポンサーのトヨタ自動車が主催する全国ナイスミドル音楽祭を紹介する内包番組。このコーナーのみ全国38局ネット。音楽祭の終了に伴い終了。
  • 飯田浩司の曲出していこーー!!
2011年から開始した、他番組で行われるイントロクイズの趣向と違うイントロクイズ。同年9月をもって終了。コーナータイトルは『飯田浩司の「声だしていこー。」』に由来。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 番組名の前に「○○サタデータイム」と当時の冠スポンサー企業名(トヨタ自動車及びトヨペット)が付与されている。また、ロゴのカラーも冠スポンサーのCIと同色である
  2. ^ 一部録音あり
  3. ^ 2009年3月28日までは中継レポーターとして、「未発表マン参上」、「ナイスミドル応援団」担当だった。番組リニューアル後は「飯田浩司の曲出していこーー!!」、「銀河系ニュース」、「オグラの小部屋」、一部スポーツコーナー、ストレートニュースを担当。
  4. ^ 飯田が別人格として、ボイスチェンジャーで語る
  5. ^ 2012年2月13日放送分で、増山の娘が番組に架電して出演したが、名前を告げられる迄本人は全然気が付かなかった

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集

ニッポン放送 土曜 13:00 - 16:00
前番組 番組名 次番組
小倉智昭のラジオサーキット
辛坊治郎ズーム そこまで言うか!
13:00 - 15:00
2012年4月7日 - 2017年9月30日
※番組終了から1年10ヶ月後に
単発特番

木曜 13:00 - 16:00枠

月 - 木曜 15:30 - 17:30枠
にてレギュラー復活
渡邉美樹 5年後の夢を語ろう!
15:00 - 15:30
杏のAnytime Andante
15:30 - 16:00
2012年4月7日 - 9月29日
※日曜 19:00 - 20:00枠に移動