小倉 進平(おぐら しんぺい、1882年6月4日 - 1944年2月8日)は、日本言語学者朝鮮語研究、日本語研究。日本語研究にも多くの業績があるが、特に朝鮮語研究においてその後の研究の礎を築いた。

目次

来歴編集

宮城県仙台市出身。父は実業家歌人の小倉茗園。国文学者の小倉博は兄。海洋学者小倉伸吉地質学者の小倉勉、建築学者小倉強植物学者小倉謙は弟。

1903年東京帝国大学に入学し言語学専攻卒業論文は「平安朝の音韻」。その後上田萬年の下で国語学研究室助手1911年朝鮮総督府勤務。1924年-1926年ヨーロッパおよびアメリカに留学。1926年京城帝国大学教授。1933年-1943年東京帝国大学言語学科主任教授。

1920年『朝鮮語学史』(刀江書院)。1929年郷歌及び吏読の研究」(京城帝国大学法文学部紀要第一)に対し、1935年に帝国学士院恩賜賞授与。1943年朝鮮総督府により朝鮮文化功労賞授与。

朝鮮古文献を整理し、その語学的活動の歴史を体系化した。研究分野は古代語・文法史・方言など多岐にわたり、特に郷歌の全面解読により、新羅歌謡の全容を明らかにした功績は大きい。ライフワークであった方言研究は、遺著『朝鮮語方言の研究(上・下)』(岩波書店、1944年)に結実された。

著書編集

  • 小倉進平博士著作集』全4巻 京都大学国文学会、1974―75年
  • 『朝鮮語学史』大阪屋号書店 1920年
  • 『国語及朝鮮語のため』ウツボヤ書籍店 1920年
  • 『国語及朝鮮語発音概説」大阪屋号/近沢印刷所出版部 1923
  • 『南部朝鮮の方言』朝鮮史学会、1924年 のち第一書房 
  • 『仙台方言音韻考 附・浜荻』刀江書院、1932年
  • 『朝鮮語と日本語』1934年
  • 『朝鮮語の系統』1935年
  • 『朝鮮語における謙譲法・尊敬法の助動詞』東洋文庫、1938年
  • 『朝鮮語方言の研究(上・下)」』岩波書店、1944年

参考文献編集

  • 河野六郎 「故小倉進平博士」(平凡社『河野六郎著作集3』所収)
  • 『宮城県百科事典』河北新報社、1982年

関連項目編集