メインメニューを開く
1948年

小倉 遊亀(おぐら ゆき、1895年3月1日 - 2000年7月23日)は、日本画家。本名、ゆき。旧姓、溝上。

滋賀県大津市出身。奈良女子高等師範学校卒。1926年に院展に入選し、1932年に女性として初めて日本美術院の同人となった。色彩に富む人物画や静物画が特徴で、上村松園とともに日本を代表する女性画家で、作「O夫人坐像」「小女」「浴女[1]など。奈良女子大学の講堂の緞帳は、小倉遊亀の「爛漫」、滋賀県立大津高等学校の体育館の緞帳は「うす霜」という原画によるものであった。

目次

経歴編集

受賞歴編集

主な作品編集

脚注編集

  1. ^ 梅のように生きたい 小倉遊亀 105年の画道
  2. ^ 小倉遊亀展 ──人、花、こころ
  3. ^ 小倉遊亀 OGURA, Yuki (1895-2000)
  4. ^ 沢木 亮『日本美術史事典』平凡社、1991年6月10日、127頁。ISBN 4-582-12607-3

関連項目編集

外部リンク編集