メインメニューを開く

小出国際雪合戦(こいでこくさいゆきがっせん、英:Koide snowball fight meet)は、新潟県魚沼市(旧小出町)で行われている雪合戦をメインとした冬のイベントである。1989年に第1回大会が開催され2008年までに20年連続開催されている。

目次

概要編集

1チームは5人で構成され山笠カンジキを身につけたリーダーが1名出場する。選手には1人1人にポイントが与えられており男子は3ポイント、女子は5ポイントで雪玉が当てられる度に1ポイントを失う。試合時間は3分で時間内に相手リーダーを失格させたチームの勝利となる。試合時間終了時点でいずれのリーダーも失格になっていない場合は、失格となっていないメンバーの人数などで勝敗を争う。

大人の部、子供の部での優勝争いの他にコスチューム・パフォーマンス賞、特別賞も選考されて参加チームに贈られている。

国際雪合戦とは言っても世界中で行われている訳ではなく、大会名称に国際が入っている理由は魚沼市の隣の南魚沼市国際大学という大学があるからである。実際に国際大学の学生がチームを組んで出場していたりすることもあり国際色豊かな大会となっている。

第22回大会ではパンフレットやウェルカムボードに同市出身の芦谷あばよを起用。

来場したことがある有名人(ゲスト)編集

関連項目編集

外部リンク編集