メインメニューを開く

来歴編集

人物・エピソード編集

  • 実家は東京都葛飾区にある、芋ようかんで有名な甘味喫茶「舟和」。
  • ビーロボカブタック』出演当時は12歳であった。しかし、成長期で身長の伸びが著しかったために、番組開始前に収録したオープニング画面では登場するロボット達よりずっと小さかったが、番組終盤の本編では、ロボット達を見下ろすまでに成長していた。
  • レギュラー出演していたGyaOGO!GO! GyaO』で「世界のサイトから」というコーナーを持っていた。
  • 1993年から、八十二銀行のイメージキャラクターとなり、ポスター、フライヤー、CMなどに登場した。採用当初の宣材には「小出由華(ルーガちゃん)」とクレジットされている。これが縁で、八十二銀行がメインスポンサーとなった長野朝日放送の「ふるさとCM大賞」で審査員を務めた。
  • 趣味はネイルアート、旅行。手先が器用でデコ電やネイルアートした自身の爪をブログにも載せている。
  • 『ウゴウゴルーガ』終了後も「ルーガちゃん」と呼ばれる事が多い。
  • 『ウゴウゴルーガ』等で稼いだギャラは、両親が姉の大学の学費に当てて使ってしまったという。
  • 芸能活動や学校生活における環境がもとで男性不信になり、23歳で初めて彼氏ができるまで男女交際をしたことがなかった。
  • 26歳のとき、語学留学先で出会ったデンマーク人男性が二人目の彼氏となる。帰国後、この男性は小出に会うためだけの目的で、3年間で10回も来日した。1年間の遠距離恋愛を経て30歳で結婚した。

出演編集

テレビドラマ編集

バラエティー・情報番組編集

映画編集

  • 冬の河童(1995年)
  • 地下室(2009年11月21日)
  • デスカッパ(2010年11月27日)
  • ヨシナカ伝説 義仲穴(2014年) - 大姫 役

オリジナルビデオ編集

ラジオ編集

インターネット編集

舞台編集

  • 若草物語』(1996年12月)
  • 森は生きている』(2004年8月21日 - 29日、アートスフィア
  • ミュージカル『ギャラクシーエンジェル』(2005年3月16日 - 22日、紀伊國屋サザンシアター) - 蘭花・フランボワーズ 役
  • 『ギャラクシーエンジェル Re-MIX』(2005年12月7日 - 11日、博品館劇場) - 蘭花・フランボワーズ 役
  • スーパーお芝居『スクールランブル 〜お猿さんだよ、播磨くん!〜』(2005年7月21日 - 25日、全労済ホールスペース・ゼロ) - 沢近愛理 役
  • 『ギャラクシーエンジェル ディナーショウ』(2006年12月30日 - 31日、サンシャインシティプリンスホテル3階天覧) - 蘭花・フランボワーズ 役
  • 劇団ビタミン大使ABC『誘蛾灯』(2007年7月10日 - 15日、新宿SPACE107)
  • 『夏唄日記』(2008年7月30日 - 8月3日、シアターグリーン) - 野村光子 役
  • 『お~い!竜馬 青春篇ザ・ファイナル』(2008年11月12日 16日、シアターサンモール
  • ベニバラ兎団『7@dash II 〜業務連絡!主演女優がいなくなりました〜』(2009年4月1日 - 5日、中野ザ・ポケット)
  • 劇団ビタミン大使ABC 『インスンデル 〜時をとめた君と。〜』(2009年11月12日 - 15日、シアターサンモール) - ユウナ 役
  • 劇団ガソリーナ 二人朗読劇『BLOG』(2010年1月10日、萬劇場)
  • 明治座7・8月コロッケ特別公演『棟方志功物語』(2011年7月5日 - 8月14日、明治座
  • 『クリスマス・ローズ 天使が咲かせた花2011』(2011年12月21日 - 24日、ブディストホール)
  • 『殿さま地獄 泥棒パラダイス』(2012年6月29日 - 7月26日、中日劇場
  • 明治座10月コロッケ特別公演『ほら吹きと武蔵』(2013年10月1日 - 27日、明治座)
  • WBB vol.7『バリスタと恋の黒魔術』(2014年11月8日 - 16日、赤坂RED/THEATER)

コマーシャル・広報ビデオ編集

音楽編集

  • Candy Box〜Sweet☆POP☆Lovers〜(2008年9月24日)

雑誌編集

写真集編集

DVD編集

  • ARRIVAL(2006年4月28日、ブレイン・ストーム)
  • Coin(2007年12月28日、オルスタックピクチャーズ)
  • やくそくわんこ(2008年3月7日、松竹

脚注編集

外部リンク編集