メインメニューを開く

小原 伝(おはら つとう、1862年1月23日文久元年12月14日[1][注 1]) - 1928年昭和3年)3月29日[1][2])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

小原 伝
Tsuto Ohara.jpg
生誕 1862年1月23日
日本の旗 日本 愛媛県
死没 (1928-03-29) 1928年3月29日(66歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1882年 - 1918年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 中将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

伊予国(現愛媛県)出身[1][3]。小原吉継の五男として生れる[1]陸軍幼年学校を経て、1880年(明治13年)1月、陸軍士官学校に入学[1]。1882年(明治15年)12月、砲兵少尉任官[1][3]。1884年(明治17年)7月、陸軍士官学校(旧5期)を卒業[1][2]。1889年(明治22年)12月、陸軍大学校(5期)を首席で卒業した[1][2][3]近衛野砲兵連隊中隊長、陸軍砲工学校教官、参謀本部第1局員、ドイツ留学、第2軍参謀、参謀本部第1局員、オーストリア公使館付、ドイツ公使館付、陸大教官などを歴任した[1][3]

日露戦争では第12師団参謀長として出征した[1][2][3]。野砲兵第3連隊長を経て、1908年(明治41年)12月、陸軍少将に進級した[1][3]対馬警備隊司令官、砲工学校長などを歴任し、1914年(大正3年)5月、陸軍中将となり、由良要塞司令官、第5師団長を勤めた[1][2][3]。1917年(大正6年)8月、待命となり、1918年(大正7年)4月、予備役に編入された[1][2][3]

栄典編集

位階
勲章等

親族編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『日本陸軍将官辞典』198頁では文久2年。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『日本陸海軍総合事典』第2版、32頁。
  2. ^ a b c d e f 『日本陸軍将官辞典』198頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』64-65頁。
  4. ^ 『官報』第5920号「叙任及辞令」1903年3月31日。
  5. ^ 『官報』第7460号「叙任及辞令」1908年5月12日。
  6. ^ 『官報』第250号「叙任及辞令」1913年5月31日。
  7. ^ 『官報』第891号「叙任及辞令」1915年7月21日。
  8. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  9. ^ 『官報』第700号「叙任及辞令」1914年12月1日。
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。