メインメニューを開く

小原村(おばらむら)は、愛知県西加茂郡に属していた和紙の里(小原和紙)として知られた[1]

おばらむら
小原村
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 編入合併
小原村旭町足助町稲武町藤岡町下山村豊田市
現在の自治体 豊田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
西加茂郡
団体コード 23523-7
面積 74.54km2
総人口 4,353
(2004年12月1日)
隣接自治体 西加茂郡藤岡町東加茂郡旭町足助町岐阜県恵那市土岐市瑞浪市
村の木 シキザクラ
村の花 ササユリ
村の鳥 ウグイス
小原村役場
所在地 470-0592
愛知県西加茂郡小原村大字大草441-1
外部リンク

閉鎖

経度=東経137度17分6.3秒
Map.Obara-Vil.Aichi.PNG
 表示 ウィキプロジェクト
小原村道路元標

2005年(平成17年)4月1日、藤岡町・小原村・足助町下山村旭町稲武町の4町2村が豊田市へ編入合併され、小原村は廃止された。

目次

地理編集

歴史編集

沿革編集

  • 1906年(明治39年)7月1日 - 豊原村福原村清原村本城村が合併し、小原村が発足。
  • 1972年(昭和47年)7月13日 - 昭和47年7月豪雨により土砂災害(「47・7災害」あるいは「西三河豪雨災害」)が発生し、小原村では32名の死者を出す。災害時周辺町村との通信が杜絶する。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 豊田市に編入合併され、小原村は廃止。大字大草は小原町に改称。

財政編集

  • 平成16年度(2004年度)
  • 人口 4328人 前年比 △0.4% (住民基本台帳 H17.3.31)
  • 指定団体の状況 山振、過疎
  • 財政力指数 0.48
  • 公債費比率 19.6%
  • 起債制限比率 13.6%
  • 経常収支比率 106.7% (118.3% 減税補てん債及び臨時財政対策債を除く)
  • 歳入総額 27億4172万円
  • 歳出総額 27億2598万円
  • 実質単年度収支 △1億8069万円(赤字)
  • 地方税歳入 6億8842万円 (歳入のうち25.1%)
  • 地方交付税歳入 8億2160万円 (歳入のうち30.0%)
  • 地方債歳入 2億7560万円 (歳入のうち10.1%)
  • 人件費歳出 8億4006万円 (歳出のうち30.8% 割合が高い)
  • 扶助費歳出 6867万円 (歳出のうち2.5%)
  • 公債費歳出 4億8639万円 (歳出のうち17.8%)
  • 職員数 一般職員 78人(うち技能労務職 11人)、教育公務員 1人 合計 79人
  • 人口1000人当たり職員数 18.02人 職員数が過剰
  • 職員一人当たり人件費 1063万3709円
  • 地方債現在高 33億8723万円 普通会計分のみ 特別会計分を含まず
    • 村民一人あたり地方債現在高 78万2633円 (普通会計分のみ)

教育編集

交通編集

姉妹都市・友好都市編集

名所・旧跡・観光スポット編集

美術工芸家の藤井達吉は小原村の無風庵で創作活動を行っていた。無風庵は瀬戸市に移築されている[2]

  • 愛知高原国定公園
  • 小原市四季桜まつり - 1978年にはサクラが村の木に選定された。小原村には珍しい四季桜が約1万本あり、全国でも例を見ない[3]
  • 和紙のふるさと - 和紙の博物館。
  • 小原劇場 - 昭和30年代にあった映画館。1960年(昭和35年)の西加茂郡には5館の映画館があった[注 1]
  • 大草城跡 - 室町時代の山城。
  • 観音寺 - 弘仁11年(820年)創建と伝わる真言宗の寺院[5]
  • 蚕霊神社 - を祀っている神社[5]
  • 白鳥神社 - 大同2年(807年)建立と伝わる神社[5]
  • 家康の腰掛石 - 徳川家康が座ったとされる石[5]

出身者編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1960年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」を参照した[4]

出典編集

  1. ^ 小原地区 小原観光協会
  2. ^ 無風庵 せと・まるっとミュージアム
  3. ^ 小原四季桜 豊田市
  4. ^ 『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年。
  5. ^ a b c d おばらのパワースポット 小原観光協会

関連項目編集