小原豊雲(1955年)

小原 豊雲(おはら ほううん、1908年9月29日 - 1995年3月18日)は、大阪府出身の華道家。いけばな小原流三世家元。大阪府立園芸学校卒業。本名、豊。

略歴編集

1938年(昭和13年)、父であった二世家元小原光雲(おはらこううん)の跡を継ぎ、いけばな小原流三世家元となる。光雲は池坊幹部であり、池坊は小原流の併用を容認していたが、光雲死後二枚看板を認めないとしたため池坊と対立することになるが、戦争が激しくなり国家総動員法が成立し、流派の対立どころではなくなった。[1]戦後は前衛いけばなで、中川幸夫勅使河原蒼風中山文甫らとともに活躍する。1945年(昭和20年)、進駐軍に接収されていた主婦の友社本館で勅使河原蒼風との二人展を開催する。[2]1954年(昭和29年)東京・青山に東京小原会館を建設、財団法人小原流(2015年より一般財団法人[3] を設立した。1958年(昭和33年)ブリュッセル万国博覧会に文化使節団として参加、当時はまだ珍しかったいけばなのデモンストレーションを披露した[4]1962年(昭和37年)神戸に家元会館と盛花記念センター、1967年(昭和42年)九重坂の家[5]1970年(昭和45年)小原流芸術参考館(後の豊雲記念館)を建設した。これらは、日本における代表的な現代建築家清家清の設計である。1971年(昭和46年)から1989年(昭和64年)まで財団法人日本いけばな芸術協会理事長。1980年(昭和55年)に勲三等旭日中綬章(現・旭日中綬章)を叙勲。[6]

家族編集

著作物編集

  • 『小原豊雲』講談社インターナショナル、1969年
  • 『ネパール・インドに生ける』主婦の友社、1970年
  • 『日本のいけばな』小学館、1979年
  • 『花曼荼羅』主婦の友社、1986年

脚注編集

  1. ^ 海野弘『花に生きる 小原豊雲伝』平凡社、2010年、p181
  2. ^ 海野弘『花に生きる 小原豊雲伝』平凡社、2010年、p196
  3. ^ 一般財団法人小原流公益法人データベースシステムNOPODAS
  4. ^ 小原豊雲、生誕100年 いけばな小原流展 盛花-いま・そして=特集読売新聞 2006.03.15 東京夕刊 5頁
  5. ^ 建築散策一級建築士事務所田中+青山
  6. ^ 小原豊雲『小原流いけばな盛花教本』小原流出版事業部刊、p111小原流のあゆみ
  7. ^ 一般財団法人小原流公益法人データベースシステムNOPODAS
  8. ^ 一般財団法人小原流公益法人データベースシステムNOPODAS

関連項目編集

外部リンク編集