小口 偉一(おぐち いいち、1910年2月27日 - 1986年12月15日)は、日本の宗教学者。東京大学東洋文化研究所名誉教授。マックス・ヴェーバーの宗教社会学を紹介、シャーマニズム新宗教の研究を開拓した。

来歴編集

東京生まれ。1935年東京帝国大学宗教学科卒業、大学院入学、文学部副手。42年東京大学東洋文化研究所嘱託、47年助教授、62年「宗教社会学序説」で國學院大學文学博士。63年東京大学東洋文化研究所教授、65-66年、68-70年同東洋文化研究所所長。70年定年退官、名誉教授、愛知学院大学教授。75年紫綬褒章受章。82年愛知学院大退職、客員教授。日本宗教学会会長を務めた。

著書編集

共著・編著・翻訳・記念論集編集

参考編集

  • 東洋文化研究所の50年 1991