小堀 政房(こぼり まさふさ)は、江戸時代中期の大名。通称は源左衛門。近江国小室藩4代藩主。官位従五位下遠江守。小室藩小堀家5代。遠州流茶道4世家元。号は宗瑞

 
小堀政房
Kobori Masahusa.jpg
小堀政房
時代 江戸時代中期
生誕 貞享2年4月4日1685年5月6日
死没 正徳3年10月16日1713年12月3日
別名 源左衛門(通称)、宗瑞(号)
墓所 滋賀県長浜市の孤蓬庵
官位 従五位下遠江守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継
近江小室藩
氏族 小堀氏
父母 小堀政恒
兄弟 政房政峯岡田善諧正室、小堀克敬室ら
米倉昌明
政峯
テンプレートを表示

略歴編集

貞享2年(1685年)、3代藩主・小堀政恒の四男として小室にて誕生。正室は皆川藩主・米倉昌明の娘。

元禄7年(1694年)の父の死去により跡を継いだ。正徳3年(1713年)10月16日、29歳で死去する。墓所は滋賀県長浜市の孤蓬庵。

嗣子が無かったため、養嗣子で弟・政峯が跡を継いだ。

幼少時に父・政恒が死去したため、門人であった桜山一有と一門の小堀土佐守政武から学ぶ。