メインメニューを開く

小堀 政方(こぼり まさみち、寛保2年(1742年)- 享和3年9月8日1803年10月23日))は、近江小室藩の第6代(最後)の藩主。小室藩小堀家7代。

第5代藩主・小堀政峯の七男。母は真珠院。正室は小諸藩主・牧野康周の娘。子は政昌(次男)、政登(四男)、政栄(六男)、娘(小堀政共養女)。従五位下備中守、和泉守。号は宗友。

生涯編集

寛保2年(1742年)、伏見にて生まれる。初名は政弥。姉の子で嫡子だった政寿小堀遠州の弟政春の子孫小堀仁右衛門惟明の三男)が、宝暦2年(1752年)に廃嫡されたため、代わって嫡子となる。宝暦10年(1760年)12月に父が死去したため、翌年2月7日に跡を継いだ。田沼意次時代には親田沼派として幕政にも参与し、大番頭伏見奉行などの要職を歴任した。

しかし、おりしも天明の飢饉によって民衆が困窮する中、政方が行き詰まった藩財政と自らの浪費のために、伏見町民から総額11万両にも及ぶ御用金を不法に徴収するなどの悪政を行ったため、天明5年(1785年)、悪政に耐え兼ねた伏見元町年寄の文殊九助ら7名が政方の非道を松平伯耆守に直訴。政方は伏見奉行を12月27日に罷免された。文殊九助らは取り調べ中に獄死している。

翌天明6年(1786年)に田沼も失脚すると、政方は反田沼派であった松平定信から親田沼派として粛清の対象とされて、天明8年(1788年)5月6日に伏見奉行在職中の不正を理由に改易され、小田原藩主・大久保忠顕に預けられた。嫡子の政登も改易された。この一連の事件を天明伏見義民一揆、または伏見騒動と言い、義民の直訴によって一揆が成功に終わった事例と言うことと、事件のあらましが実録本『雨中之鑵子』(文殊家に秘蔵されたもので、昭和12年に『雨中之鑵子 : 天明伏見義民伝』として翻刻・出版)に詳細に記録されたこともあって、町人一揆の代表的事例として知られる。

小田原藩に永預けとなった後は、茶人として活動し、『喫茶式』および『数寄記録』を記した。改易によって小堀遠州以来の領地を失い、遠州流茶道を断絶の危機に晒した一方で、遠州流の作法を書物としてまとめ上げ、後世に伝える役割を果たしたことは評価されている。

享和3年(1803年)9月8日、62歳で死去した。法号は修禅庵。墓所は東京都練馬区桜台の広徳寺

その後、文政11年(1828年)に政方の甥・政優(遠州流茶道6世・小堀正寿の子)が300俵を与えられ、小堀家は御家人として再興された。

明治20年(1887年)、天明伏見義民一揆から100年を機に、伏見義民の功績を顕彰するため、御香宮神社に「伏見義民の碑」が建てられた。石碑に記された「伏見義民事蹟」(勝海舟・撰、三条実美・書)には、政方のことを「酷吏」としている。また、伏見義民一揆で獄死した伏見深草町民の焼塩屋権兵衛を顕彰する藤森神社の「伏見義民焼塩屋権兵衛碑」にも、政方の悪政が記されている。

茶道編集

遠州流茶道では6世家元は、政峯の養子の政寿(宗延)とされ、政方は7世家元である。

関連項目編集