メインメニューを開く

小堺 昭三(こさかい しょうぞう、1928年5月24日[1] - 1995年3月7日[1])は、日本の作家

福岡県大牟田市生まれ[1]。旧制福岡県立八幡中学校[1]火野葦平の秘書を務め、のち『週刊文春』のルポライターを経て作家となる[1]1951年「朝鮮海峡」で新潮社文学賞佳作、1959年「基地」で芥川賞候補[1]1960年「自分の中の他人」で直木賞候補。『密告―昭和俳句弾圧事件』(ダイヤモンド社、1979年)では西東三鬼特高スパイと断定し、三鬼の遺族から版元ともども名誉毀損で民事提訴され、1983年に敗訴した。

戦記、昭和史、近代史実録もの、官能小説、また政界・実業界実録ものなど、週刊誌記者出身らしい作風で知られた。

著書編集

  • 『熱氷地帯』小壷天書房 1959
  • 『麦畠の中の悪魔』光風社 1961
  • 『死者は弔花を返しにくる』雪華社 1961
  • 『最後の日本兵』冬樹社 1964
  • 『解放戦線異状なし』文藝春秋 1972
  • 『筑紫夫人』光風社書店 1972
  • メリケンお浜の一生』波書房 1972
  • 『小説連合赤軍徳間書店 1973
  • 『炎の時代 昭和残酷物語』光風社書店 1974
  • 『馬賊芸者一代』桃園書房 1974
  • 『秘戯記』光風社書店 1974
  • 『東京の大将 おれはホテル王』桃園書房 1974
  • 『流行歌手』集英社 1975 のち角川文庫
  • 『満香綺譚』青樹社 1975
  • 『ごじゃな奴』光文社 1975 「破天荒一代」角川文庫
  • 『人生流転』大陸書房 1976
  • 『塵世無頼』集英社 1976
  • 『異郷に死す』光風社書店 1976
  • 『人斬り常一代』集英社 (コンパクト・ブックス) 1976
  • 『赤い風雪』文藝春秋 1977年 のち角川文庫
  • 『けむりの牙』光文社 1977年 のち角川文庫
  • 『バージン戦争』集英社 1977年
  • 『妖乱の歌姫 昭和残酷物語・炎の時代』光風社書店 1977年
  • 『企業参謀』集英社 1977年 のち角川文庫
  • 『肌の感触』青樹社 1977年
  • 『Oh!一発屋 人生わずか一万回の巻』光風社書店 1978年
  • 『Oh!一発屋 奥の細道色行脚の巻』光風社書店 1978年
  • 『密告 昭和俳句弾圧事件』ダイヤモンド社 1979年 (新興俳句弾圧事件を描く)
  • 『肌の匂い』青樹社(Big books) 1979
  • 『肌の誘い』青樹社 (Big books) 1979
  • 『叫ぶ憂う怒る 小堺昭三直撃インタビュー集』蒼洋社 1979年
  • 『不倫願望』グリーンアローブックス 1980年
  • 『初体験研修会』青樹社(Big books) 1980
  • 『風の春秋』光文社 1980年
  • 『いてもたろか!』光風社出版 1980年
  • 『交換願望』グリーンアローブックス 1980年
  • 『疑獄極楽』ダイヤモンド社 1980年
  • 『明日を狙え! “地方の時代"のチャンピオンたち』光風社出版 1981年
  • 『乱世の経営者 ゼロからの出発』光文社 1981年
  • 『男中女』グリーンアローブックス 1981年
  • 『企業崩壊』角川ノベルズ 1982年
  • 『いま、南十字星の下で』角川ノベルズ 1982年
  • 『自民党総裁選』角川書店 1982年 のち文庫
  • 『肌の狂宴』青樹社 1982年
  • 『財閥が崩れる日』日本経済新聞社 1982年 「小説野村証券」角川文庫
  • 『カメラマンたちの昭和史 写真家物語』平凡社 1983年
  • 『男の切れ味 先見力・着眼力・行動力の研究』PHP研究所 1983年
  • 『大悪党伝 サンパウロの異端者』角川ノベルス 1984年
  • 『鬼才と奇才 本田宗一郎藤沢武夫物語』日本実業出版社 1984年
  • 『怪物がゆく』PHP研究所 1984年
  • 『兜町の悪党 一獲千金ピカレスク・ロマン』講談社ノベルス 1985年
  • 『西武vs東急戦国史』ノラブックス 1987年 のち角川文庫
  • 『天才実業家小林一三・価千金の言葉』ロングセラーズ 1988年 『小林一三 天才実業家と言われた男』ロング新書
  • 『人望 この人間的魅力を見よ!』三笠書房 1991年
  • 『企業決戦三井三菱』角川書店 1992年
  • 『明敏にして毒気あり 明治の怪物経営者たち』日本経済新聞社 1993年 副題を正題にして人物文庫
  • 『いまだ見ぬ風景 作家の目で描き切ったガンとの闘い』文藝春秋 1995年
  • 『人望のある男の生き方』三笠書房 1996年
  • 小堺昭三全集』小堺正記編 ココデ出版
9、財閥が崩れる日 2012
13、塵世無頼 2011
14、流行歌手 2012
15、赤い風雪 2011

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 20世紀日本人名事典『小堺 昭三』 - コトバンク

外部リンク編集