小尾 芙佐(おび ふさ、1932年3月24日 - )は、日本の翻訳家。旧姓は神谷。

東京府豊多摩郡淀橋町大字柏木(現在の西新宿)に生まれ、東京市淀橋第一尋常小学校三輪田高等女学校で学んだ。戦時中は長野県上伊那郡高遠町に疎開し、長野県伊那高等女学校(その後、長野県伊那弥生ヶ丘高等学校に校名変更)へ転学した[1]大学受験に向けて、高3の夏休みには東京にある父親の仮住まいに移り、千駄ヶ谷の津田英語会(現在は津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスとなった)が主催する夏期講習に通った。講習が終わった後は国立国会図書館で猛勉強に励み、その結果、津田塾大学英文学科に合格を果たした。大学入学後は学生寮に入った(同じ寮の先輩に、後に小説家となる大庭みな子がいた)。大学では土居光知教授の「翻訳論」の講義を受講し、そこで初めて翻訳を学んだ。大学卒業後は就職をせず、父親が日本橋で経営していた税理士事務所の手伝いに通った[2]。それから1年が過ぎた頃、ひまわり社に就職し、「それいゆ」編集部に配属された。ひまわり社の仕事は激務で、締め切り間近になると朝帰りが続いた。会社がある銀座のビルまで毎日通ったが、激務に疲弊して身体を壊し、1958年末に退社した。1959年の半ば頃、「それいゆ」時代に知り合った早川書房福島正実を訪れ、SFミステリの分野で翻訳を手がけることになった。1960年代初期には、神谷芙佐名義で翻訳を発表した[3]

アイザック・アシモフダニエル・キイスアーシュラ・K・ル=グウィンアン・マキャフリイヴィクトリア・ホルトルース・レンデルなどの翻訳で知られる。また、浅倉久志が中心となって、翻訳家の交流会「エイト・ダイナーズ」が、小尾、深町眞理子大村美根子山田順子佐藤高子鎌田三平白石朗というメンバーで行われていた[4]

日本SF作家クラブ会員だったが、2013年、他のベテランSF作家らとともに名誉会員となる[5]

夫の小尾恵一郎慶應義塾幼稚舎から慶應義塾大学経済学部卒業[6])は、経済学者慶應義塾大学名誉教授

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 連載「“不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」(vol.1 小尾芙佐さんに聞く 1回表)” (日本語). 光文社古典新訳文庫. 2022年2月10日閲覧。
  2. ^ 連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」(vol.1 小尾芙佐さんに聞く 2回表)” (日本語). 光文社古典新訳文庫. 2022年2月10日閲覧。
  3. ^ 連載「"不実な美女"たち──女性翻訳家の人生をたずねて」(vol.1 小尾芙佐さんに聞く 3回表)” (日本語). 光文社古典新訳文庫. 2022年2月10日閲覧。
  4. ^ http://www.kotensinyaku.jp/archives/2014/07/006390.html
  5. ^ 『日本SF短篇五十(1)』早川書房
  6. ^ 経歴”. 2022年2月10日閲覧。

外部リンク編集