小山内薫

1881-1928, 明治末~大正・昭和初期の劇作家、演出家、批評家

小山内 薫(おさない かおる、1881年明治14年〉7月26日[1] - 1928年昭和3年〉12月25日[1])は、明治末から大正昭和初期に活躍した日本劇作家演出家批評家[2][3]

小山内 薫
誕生 1881年7月26日
広島県広島市広島市細工町
死没 (1928-12-25) 1928年12月25日(47歳没)
東京府東京市四谷区南寺町
墓地 多磨霊園
職業 演出家劇作家小説家
最終学歴 東京帝国大学英文科卒業
代表作大川端』(1911年)
息子』(1922年)
テンプレートを表示

日本の演劇界の革新にその半生を捧げた"新劇の父"[2][4][5]

1909年に「自由劇場」を、1924年に土方与志らと「築地小劇場」を設立し、新劇運動に尽力した[2][3][4][6]。戯曲に『第一の世界』(1920年)、『息子』(1922年)などがある。

来歴 編集

1881年(明治14年)7月26日、広島陸軍衛戍病院長・小山内建の二男として後の広島市細工町(現在の大手町一・二丁目付近)に生まれた[2][4][7]。父は旧弘前藩士であった[8]。5歳のとき父が38歳で早逝したことから一家で東京市麹町区富士見町へ移り住む[2]。母親が芝居好きで、少年時代から演劇に親しむ[4]麹町幼稚園[9]富士見尋常高等小学校[9]府立一中を経て、旧制一高に進学。高校時代に失恋をきっかけに内村鑑三に入門。内村の主宰する雑誌の編集などを手伝ったが、まもなくキリスト教を離れた。東京帝国大学文科大学文学科に進学。1学年留年しており[4]、英語教師ラフカディオ・ハーンの解任に対する留任運動に加わったためともいわれる[4][10]。在学中から、亡父のかつての同僚でもある森鷗外の知遇を得ており[2]伊井蓉峰の一座の座付作家となって舞台演出に関わったり、詩や小説の創作を行った[2]

1906年(明治39年)、東京帝国大学文科大学文学科(英文学)卒業[11]1907年(明治40年)、知人で木場の材木商だった数井政吉から資金援助を受け、1907年(明治40年)、同人誌『新思潮』(第1次)を創刊[2]。6号まで刊行し西欧の演劇評論・戯曲を精力的に紹介した[3]1908年(明治41年)に書いた『内的写実主義の一女優』という文献の中で、初めて「演出」という言葉を使ったといわれる[12]。1909年から読売新聞に連載後、1911年出版された自伝的小説『大川端』では、芸者との恋模様を描いた。

1909年(明治42年)、欧州から帰国した歌舞伎俳優の二代目市川左團次と共に自由劇場を結成[2][3][6]。第1回公演にはイプセン作、鴎外訳の『ジョン・ガブリエル・ボルクマン』を上演し[2]。当時ヨーロッパの主導的な芸術理論となりつつあったリアリズム演劇の確立を目指し、新劇運動を起こす[2][3][6]。20世紀初頭の日本の代表的演劇は歌舞伎で、看板役者中心の演劇であり、客は個々の役者の芸を堪能しに芝居見物に出かけた。このような演劇のあり方に対して、小山内の考えた近代演劇とは、何より戯曲を優先し、それを正しく表現する媒介としての演出、演出に基づいて初めて演技がある、というものだった[6]

1910年(明治43年)、慶応義塾大学部文学科の講師として迎えられ、劇文学の講義を受け持つ[4]

1912年 - 1913年にかけて渡欧し[2][6]モスクワベルリンロンドンなどを訪れた[6]。各地の劇場に通ったが、特にモスクワではモスクワ芸術座による『どん底』を2回観て、俳優・演出家スタニスラフスキーの自宅に招かれた。この時、輸入業者の夫人としてモスクワに居住していた(後の女優)東山千栄子とも面会している[13]

同じく渡欧していた親友・山田耕筰は、小山内との関係から演劇や舞踏への傾斜を深め、帰国後の1916年大正5年)、小山内と移動劇団「新劇場」を結成した[14][15][16]石井漠はこれに加わり、創作舞踊詩を始めた[17][18][19]。また、子役時代の水谷八重子を指導した他[20]藤原義江松井須磨子の芝居を観たことと、人を介して小山内ら新劇関係者に会ったことで演劇に憧れ、演劇を志したと話している[21]

1919年(大正8年)、小村欣一長崎英造久保田万太郎久米正雄吉井勇らと演劇革新を目的とする「国民文芸会」を創立。1920年(大正9年)2月、松竹が映画製作に乗り出し松竹キネマ合名社を設立。3月には、この中に創設されたキネマ俳優学校に招かれ校長に就任[2]。36名の研究生を募集し養成したが、小山内はこれを単なる学校とは考えず、これら生徒と映画を志して小山内のもとにやってきた人々を集めて実習的に映画の製作を始める[22]。同年7月、松竹蒲田撮影所が出来て映画製作が始まると、本社理事兼撮影総監督として村田実牛原虚彦島津保次郎大久保忠素水谷文二郎らをスタッフに従え、『奉仕の薔薇』や『光に立った女』などを製作して映画界の革新を図った。そのため従来の商業路線の製作陣と対立、同年村田、牛原らスタッフ達や映画学校の卒業生らと松竹キネマ研究所を設立。その第一作として製作した『路上の霊魂』は同時に進行する出来事をクロスカッティングしたり、回想場面を挿入したりする近代映画の技法をふんだんに取り入れた、日本映画初の芸術大作というべきものだった。続いて『山暮れる』と『君よ知らずや』の二本を製作するが、興行不振などを理由に1921年(大正10年)松竹キネマ研究所は解散され、小山内は松竹の取締役兼相談役に転じた。2年後にはそれも辞し、松竹から退く[22]

映画界に関わった期間は短かったが、伊藤大輔北村小松鈴木傳明澤村春子ら、映画界の人材を育てた功績は大きい[22]。1921年には赤い鳥社から童話集『石の猿』も出版している。

1923年(大正12年)、中山太陽堂の顧問となり、プラトン社発行の雑誌に関与。この関係で関東大震災後に一時大阪天王寺に居を定める。川口松太郎はこの頃小山内の書生をつとめた。

 
多磨霊園[23][注釈 1]

1924年(大正13年)帰京し、ドイツから帰国した土方与志と共に新劇最初の有形劇場である築地小劇場を創設[2][3][24]。築地小劇場は、小山内、土方を中心に和田精汐見洋友田恭助浅利鶴雄の六人の同人によって創設されたもの。和田精は和田誠の父、浅利鶴雄は浅利慶太の父である[25]。築地小劇場は経営的には苦しむが、ゴーリキーチェーホフらの戯曲を上演、新劇運動の拠点となった。俳優の養成は勿論、照明音響衣裳などにも新しい試みを行い、「演出」という言葉を創り、「演出家」という職能を確立させる等[12][26]、その後の日本演劇の進展に計り知れぬ影響を与えた[2]

放送劇の開拓者としても知られ[2]1925年(大正14年)8月には開局まもないNHK東京放送局で日本初のラジオ劇『炭鉱の中』を演出[2][27]。これは、放送局内に人材がいなため、小山内に依頼されたものだが、以来、ラジオドラマは新劇が手掛けることになる。また、ラジオドラマの製作を機に音響効果が飛躍的に進歩を遂げた[28]1927年(昭和2年)には松竹による国産発声映画の先駆作『黎明』を監督。また劇評も手掛け、1927(昭和2年)より1年間、朝日新聞で執筆した演劇時評は高い評価を得た[29]

1928年(昭和3年)3月、日本初公演となる『ペール・ギュント[30]、同年7月の『真夏の夜の夢』の演出を土方、青山とともに行い[31]、築地小劇場での活動はピークを迎えた。しかし、同年11月、ソ連の革命10周年記念行事に招かれた際に、無理な日程で体調を崩した[2]。同年12月25日、円地文子の最初の戯曲「晩春騒夜」上演後の謝恩会が催された日本橋の中華料理店で倒れ、脳梗塞(もしくは動脈瘤による心臓麻痺)のため急死した[2][32][注釈 2]。享年48。戒名は蘭渓院献文慈薫居士[35]。12月28日には築地小劇場にて葬儀が行われた[36]

その生涯の活動は日本近代演劇の開拓者として「新劇の父」と称された。戦後、新劇は運動の域を離れ、文学座俳優座民芸などを中心に職業演劇の道を歩んでいる。

家族 編集

父・小山内建(玄洋)は陸軍軍医で、高橋お伝の遺体の解剖[37]や、日本で初めてクロロホルム麻酔で手術をしたことで知られる。広島鎮台病院(広島陸軍病院)院長を務め、その後広島医学校の教頭も兼任した[注釈 3]。父の墓は広島市南区比治山陸軍墓地にある[7]。母・錞(しゅん)は小栗忠順の分家にあたる旗本三河小栗氏の出で、藤田嗣治の伯母。

姉二人・兄・妹の5人兄弟で[7]、妹の岡田八千代は18歳で作家デビューし[2]、洋画家岡田三郎助と結婚[2]

長男・小山内徹はミステリ翻訳家。次男・小山内宏は、戦後日本における軍事評論家の先駆者で[38]、妻は児童作家、随筆家の小山内富子。三男・小山内喬は歌舞伎役者(市川扇升[注釈 4]立松和平は長男・小山内徹の娘婿にあたり、姪は女優の東榮子(宝塚歌劇団6期生の元タカラジェンヌ、宝塚時代の芸名は關守千鳥)。三男の娘婿に演出家の杉田成道[39]児玉源太郎芦原義信とは母方の遠戚にあたる。

逸話 編集

  • 1910年(明治43年)、谷崎潤一郎らと共に第2次『新思潮』を創刊。実質は谷崎ら青年作家の同人誌で、小山内は名貸しをしただけだった。その創刊号は、小山内自身が寄稿した小説『反古』のため、発売禁止になった。
  • 1911年(明治44年)には日本で初めてのカフェー開店にも関わった。この店は洋画家松山省三らが、パリのカフェーのように文化人が集い芸術談義を楽しむサロン的な場所を標榜して東京銀座に開いたもので、松山と同郷で親友の小山内が「カフェー・プランタン」と命名し看板も書いた[4][40]。この店は森鷗外永井荷風北原白秋谷崎潤一郎岡本綺堂島村抱月菊池寛ら多くの文化人が会員や常連客となった。
  • 1918年(大正7年)5月、宝塚少女歌劇養成会が初めて東京に進出し帝国劇場で1週間の公演を行った。帝劇に足を運んだ小山内は時事新報紙上で「日本歌劇の曙光」と題して、少女歌劇のことを「こういうものから本当の日本の歌劇が生まれてくるのではないか」と評し、「この一座にはスタアという者がありません」と指摘。宝塚少女歌劇団の演出家だった高木史郎はその著書の中で「宝塚少女歌劇団全体がスターであるという宝塚少女歌劇団の基調を見事に言い当てた」と記している。

著書 編集

戯曲 編集

  • 『自由劇場』郁文堂書店 1912
  • 『第一の世界』新潮社 1922
  • 『息子』東光閣 1924
  • 『亭主』春陽堂 1926
  • 『森有札』改造社 1926
  • 『小山内薫戯曲全集第一巻』春陽堂 1926
  • 『小山内薫戯曲全集第二巻』春陽堂 1927
  • 『許嫁』清香社 1928
  • 『小山内薫戯曲集』(創元文庫)創元社 1953

編集

  • 『小野のわかれ』(『七人』臨時増刊)1905
  • 『夢見草』本郷書院 1906
  • 『小野のわかれ』中庸堂 1907

小説 編集

  • 『窓』(小説集)春陽堂 1908
  • 『蝶』(小説集)水野書店 1909
  • 『笛』(小説集)春陽堂 1910 発禁
  • 『霧積』(小説集)春陽堂 1912
  • 『大川端』樅山書店 1913、春陽堂 1927、春陽堂日本小説文庫 1933
  • 『鷽』(小説集)樅山書店 1913
  • 『一里塚』(小説集)植竹書院 1915
  • 『盲目』四方堂 1915
  • 『手紙風呂』(小説集)通一舎 1915
  • 『第二の女』(小説集)通一舎 1916
  • 『江島生島』新潮社 1916
  • 『伯林夜話』(小説集)春陽堂 1916 発禁
  • 『就眠前』平和出版社 1917
  • 『黄昏の世界―或若い役者の手記―』正午出版社 1917
  • 『英一蝶』(小説集)玄文社 1918
  • 『手鏡』春陽堂 1918
  • 『石の猿』赤い鳥社 1921、ほるぷ出版 1969
  • 『足拍子』プラトン社 1924
  • 『三つの願ひ』春陽堂 1925、ほるぷ出版 1974
  • 『新選小山内薫集』(小説集)改造社 1927
  • 『夢の浮橋』歌舞伎出版部 1929
  • 『東京の消印』(『伯林夜話』の改題)創元社 1949
  • 『お岩 小山内薫怪談集』 (幽クラシックス) メディアファクトリー 2009

評論・随筆・紀行 編集

  • 『演劇新調』博文館 1908
  • 『演劇新声』東雲堂 1912
  • 『演劇論集』日東堂 1916
  • 『世話狂言の研究』天弦堂 1916
  • 『北欧旅日記』春陽堂 1917
  • 『戯曲作法』春陽堂 1918、創元文庫 1953
  • 『旧劇と新劇』玄文社 1919
  • 『芝居入門』プラトン社 1924、岩波新書 1939
  • 『演劇概論』松陽堂 1925
  • 『演劇と文学』集成社 1926
  • 『演劇論叢上巻』宝文館 1928
  • 『演出者の手記』原始社 1928、洗林堂 1941
  • 『舞台芸術』早川書房 1948

翻訳 編集

  • 『決闘』(チエエホフ)梁江堂書房 1910
  • 『近代劇五曲』大日本図書 1913
  • 『星の世界へ』(アンドレエフ)金楼堂 1914
  • 『信仰』(ブリユウ)玄文社 1919
  • 『続近代劇五曲』 国文堂 1921
  • 『忠義』(メエスフィルド)東亜堂 1921
  • 『近代劇五曲』(正続二冊) 金星堂 1921
  • 『忠義』(メエスフィルド)玄文社 1923
  • 『休みの日』(マゾオ)金星堂 1924
  • 『夜の宿』(ゴリキイ)金星堂 1925
  • 『ピツパが踊る』(ハウプトマン)原始社 1926
  • 『隣人の愛』(アンドレエフ)原始社 1926

全集 編集

  • 『小山内薫全集』全8巻 春陽堂 1929〜1932、臨川書店 1975
  • 『小山内薫演劇論全集』全5巻 未来社 1964〜1968

小山内薫を演じた俳優 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ その後、青山霊園に改葬された模様[要出典]
  2. ^ 死亡当時の状況について、翌日の読売新聞には「突然心臓麻痺を起こして危篤に陥ったので付近の医師を招いて応急手当を施したが遂に逝去、直(ただち)に四谷寺町七の自宅に運ん」だ(自宅には遺骸となって到着した)とあり[33]、当時同席していた山本安英も回想で会場内で小山内は死去したと記している[34]。これに対して『文芸年鑑昭和5年版』では、四谷区南寺町の自宅に帰宅した後死去したとする[1]
  3. ^ 森鴎外の『渋江抽斎』82に「町医者から五人扶持の小普請医者に抱えられた蘭方医小山内玄洋・・・後建と称して・・・中佐相当陸軍一等軍医正」云々の記述がある。
  4. ^ 小山内は歌舞伎でも多くの劇評を書き、二代目市川左團次や初代中村吉右衛門とは親しく交友するなど梨園との関わりも深かった。

出典 編集

  1. ^ a b c 文芸家協会編『文芸年鑑 昭和5年版』新潮社、1930年、pp.13-14
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 小山内薫 - コトバンク
  3. ^ a b c d e f 小山内薫”. www.ndl.go.jp. 近代日本人の肖像. 国立国会図書館. 2023年3月30日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 「慶應義塾豆百科」 No.95 小山内薫の胸像”. 慶應義塾大学. 2019年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月30日閲覧。大澤輝嘉 (2013年1月). “立ち読み 慶應義塾史跡めぐり文学の丘(その三) ── 小山内薫胸像”. 三田評論. 慶應義塾大学出版会. 2014年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月30日閲覧。
  5. ^ おさないかおる【小山内薫】”. 学研キッズネット. ワン・パブリッシング. 2020年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 溝渕園子「小山内薫の自由劇場 : 「模倣」と「創作」の間で」『近代文学試論』第50巻、広島大学近代文学研究会、2012年12月、205-213頁、doi:10.15027/35315ISSN 0910-9765CRID 13905721748065402882023年4月19日閲覧 
  7. ^ a b c 企画展「新しき演劇を拓く―小山内薫展」”. 広島市立図書館 (2021–10–09). 2021年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月30日閲覧。薄田太郎 (2016–09–18). “「がんす横丁」シリーズ がんす横丁 (十)小山内薫氏と広島(その1)”. 広島平和メディアセンター. 中国新聞社. 2023年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月30日閲覧。
  8. ^ 坪内逍遥『二葉亭四迷』日本近代文学館、1975年、小山内薫頁。 
  9. ^ a b 『小山内薫 近代演劇を拓く』 小山内富子 著、慶應義塾大学出版会、2005年、53頁
  10. ^ ハーンの後任が夏目金之助である。
  11. ^ 『官報』第6910号、明治39年7月12日、p.340。『東京帝国大学一覧』大正元年・2年、p.201。
  12. ^ a b 舞台監督論(Internet Archive)
  13. ^ 『私の履歴書・女優の運命』(日経ビジネス人文庫)P.41
  14. ^ 私の履歴書 第三集』日本経済新聞社、1963年、10-16頁
  15. ^ text - 古書日月堂 | text | detail
  16. ^ 山田耕筰 - おんがく日めくり | YAMAHA(Internet Archive)
  17. ^ 現代舞踊の歴史 社団法人 現代舞踊協会(Internet Archive)
  18. ^ 初期文化学院における舞踏教育実践について ー山田耕筰による「舞踏詩」の試みー 平沢信康(Internet Archive)
  19. ^ 芸大コレクション展「斎藤佳三の軌跡-大正・昭和の総合芸術の試み-」
  20. ^ 『私の履歴書 文化人 12』日本経済新聞社、1984年、22頁
  21. ^ 『私の履歴書 文化人 10』日本経済新聞社、1984年、39頁
  22. ^ a b c 『日本映画の誕生 講座 日本映画1』 緑川亨著、岩波書店、1985年、39-44、112、118、119、195、196、275-283、339-341頁
  23. ^ 小山内建 - 歴史が眠る多磨霊園
  24. ^ “(マダニャイ とことこ散歩旅:738)新大橋通り:9 築地小劇場跡”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2021–10–20). オリジナルの2021年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211021031506/https://www.asahi.com/articles/DA3S15083131.html 2023年3月30日閲覧。 
  25. ^ 『小山内薫 近代演劇を拓く』 小山内富子 著、慶應義塾大学出版会、2005年、193頁。
  26. ^ ゆかりのある人物(小山内薫):中央区観光協会
  27. ^ 炭坑の中 -NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  28. ^ 音の仕掛人
  29. ^ 井川繭子. “小山内薫 - 歌舞伎用語案内 - 歌舞伎 on the web”. 2023年3月30日閲覧。
  30. ^ イプセンの「ペール・ギュント」を初演『東京日日新聞』昭和3年3月17日(『昭和ニュース事典第1巻 昭和元年-昭和3年』本編p484 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  31. ^ 演出・俳優・音楽とも、よき夢であった『中外商業新報』昭和3年8月1日夕刊(『昭和ニュース事典第1巻 昭和元年-昭和3年』本編p484-485)
  32. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)80頁
  33. ^ 「劇作家小山内薫氏昨夜急死す」読売新聞1928年12月26日、12頁
  34. ^ 山本安英『歩いてきた道』中央公論社中公文庫〉、1994年、pp.44 - 46
  35. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)78頁
  36. ^ 築地小劇場で葬儀『東京日日新聞』昭和3年12月29日夕刊(『昭和ニュース事典第1巻 昭和元年-昭和3年』本編p38-39 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  37. ^ 執刀医。立会人は小泉親正(小泉親彦の父)、江口譲、高田忠良。大橋義輝『毒婦伝説』(共栄書房、2013)p.64
  38. ^ 『「現代日本」朝日人物事典』 朝日新聞社、1990年、397頁
  39. ^ 願わくは、鳩のごとく」登場人物関係図扶桑社
  40. ^ 酒・飲料の歴史コラム1911年「カフェー・プランタン」開店、「女給」という言葉が誕生”. キリン歴史ミュージアム. キリンホールディングス. 2021年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月30日閲覧。

参考文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集