小山 恒三(こやま つねぞう、1933年12月20日 - 2018年1月31日[1])は、長野県出身のプロ野球選手投手)。

小山 恒三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県
生年月日 (1933-12-20) 1933年12月20日
没年月日 (2018-01-31) 2018年1月31日(84歳没)
身長
体重
174 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1952年
初出場 1952年10月10日
最終出場 1953年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

長野県小諸実業高等学校東京鉄道管理局を経て1952年国鉄スワローズに入団する。初登板となった10月10日の対松竹ロビンス戦(西京極球場)で完封勝利を挙げる[2]が、勝利はこの時の1回のみで[2]1953年限りで引退した。カーブやドロップを武器とした。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1952 国鉄 2 2 1 1 0 1 1 -- -- .500 43 12 3 0 4 -- 1 6 0 0 2 1 0.75 0.58
1953 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 36 8 6 0 6 -- 0 5 0 0 3 3 3.38 1.50
通算:2年 5 2 1 1 0 1 1 -- -- .500 79 20 9 0 10 -- 1 11 0 0 5 4 1.80 0.95

背番号編集

  • 29 (1952年 - 1953年)

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ OB NEWS Vol.77 (PDF)”. 公益社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ) (2018年3月). 2020年6月21日閲覧。
  2. ^ a b 宇佐美徹也 『プロ野球記録大鑑』 講談社、1976年、479頁。

関連項目編集