メインメニューを開く

小山 昭晴(こやま あきはる、1960年12月14日 - 2005年11月14日)は、神奈川県出身のプロ野球選手。1981年に昭治から昭晴に改名した。

小山 昭晴
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 1960年12月14日
没年月日 (2005-11-14) 2005年11月14日(44歳没)
身長
体重
182 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1978年 ドラフト3位
初出場 1985年10月8日
最終出場 1990年4月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 横浜ベイスターズ (1993 - 2000)

目次

来歴・人物編集

日大高では1977年、秋季関東大会県予選準決勝に進むが武相高に惜敗。1978年ドラフト3位で横浜大洋ホエールズに入団した。遠投120メートルの強肩で期待されたが、当時の大洋は福嶋久晃辻恭彦など捕手層が厚く、なかなか出場機会に恵まれなかった。しかし1985年10月に入団8年目にして一軍初出場、初安打を放ち先発出場も経験した。

1988年堀井幹夫と共に石川賢との2対1トレードロッテオリオンズに移籍、登録名を昭吉(あきよし)と改名した。同年は袴田英利の控えながら6試合に先発マスクを被る。1989年オフに自由契約となり翌1990年から大洋に復帰するが、谷繁元信の教育係的存在で一軍出場は1990年の2試合に留まり、1992年に引退した。

引退後は横浜でコーチを歴任した。1993年から1995年は二軍補佐コーチを務め、1996年には一軍バッテリーコーチになり、1998年の優勝メンバーを育てた。その後は2000年に退団するまで二軍バッテリーコーチを務めた。2001年には相模原ホワイトイーグルス中学部の監督に就任し、翌2002年には神奈川県大会優勝に導いた。

2005年11月14日白血病で死去。享年45。母校の日大高では現在、小山の横浜コーチ時代のユニホームが展示されている。

エピソード編集

  • ニックネームはドラえもん。人懐こい笑顔で同僚やファンに親しまれた。
  • 登録名を昭治、昭吉と2度変えている。
  • 日航機モスクワ墜落事故で犠牲となった神奈川県教育長主事・小山昭三の遺児。
  • 大洋(2度目)在籍時に娘を病気で亡くしている。
  • 2007年に横浜コーチ時代の同僚だった大矢明彦が横浜の監督に復帰した際、背番号は親友だった小山を偲んで、小山が横浜コーチ時代に背負っていた85番を着用した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1985 大洋 6 10 9 2 2 2 0 0 4 1 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .222 .300 .444 .744
1986 11 12 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 1 .000 .000 .000 .000
1987 6 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .250 .000 .250
1988 ロッテ 39 28 26 1 4 0 0 1 7 3 0 0 2 0 0 0 0 9 0 .154 .154 .269 .423
1990 大洋 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 64 56 52 3 6 2 0 1 11 4 0 0 2 0 2 0 0 24 1 .115 .148 .212 .360

記録編集

背番号編集

  • 36 (1979年 - 1987年)
  • 37 (1988年 - 1989年)
  • 63 (1990年 - 1992年)
  • 85 (1993年 - 2000年)

登録名編集

  • 小山 昭治 (こやま あきはる、1979年 - 1980年)
  • 小山 昭晴 (こやま あきはる、1981年 - 1987年)
  • 小山 昭吉 (こやま あきよし、1988年 - 2000年)

関連項目編集