小山田信有 (契山)

小山田信有 (出羽守)から転送)

小山田 信有(おやまだ のぶあり)は、戦国時代武将甲斐国東部の郡内地方の有力国人である小山田氏当主。出羽守を称した。弥三郎を称した小山田信有小山田信茂の父[1]

 
小山田 信有
Oyamada Dewa-no-kami Nobuari.jpg
絹本著色小山田出羽守信有(契山存心)像(山梨県指定文化財、都留市・長生寺所蔵
生誕 永正16年(1519年
死没 天文21年1月23日(1552年2月17日)
別名 弥三郎、出羽守
戒名 長生寺殿契山存心大禅定門
主君 武田信虎信玄
氏族 小山田氏
父母 父:小山田弥太郎もしくは小山田信有 (涼苑)
兄弟 信有 (涼苑)?、小山田虎親信有 (契山)小山田有信小山田行村父)
大井信達娘?
信有信茂
テンプレートを表示

生涯編集

出自編集

従来父は越中守を称した小山田信有、母は甲斐国守護武田信虎の妹とされてきた[2] が、先代の越中守信有と世代が近いと推察される点、仮名の「弥三郎」は出羽守信有から嫡男の仮名となり二代前の「弥太郎」と異なる点から出羽守信有は越中守信有の弟もしくは庶流の人間であり、越中守信有の死去に伴い急遽家督を継ぎ実名の「信有」を名乗ったのではないかと丸島和洋氏は推測している[3]。妻については不明であるが、大井信達の娘を正室に迎えた可能性が示唆されており、事実だとすると武田信虎と相婿の関係にある。但し、世代が近い越中守信有の事跡である可能性もある[4]

略歴編集

戦国期の甲斐国では国中地方において守護武田氏と有力国人衆の間で抗争が発生しており、郡内地方の小山田氏も守護武田信虎と争いを繰り広げていたが、信有の父にあたる越中守信有期の永正7年(1510年)には武田氏との和睦が成立し、武田氏の従属国衆となっている。享禄5年(1532年)には拠点をそれまでの中津森館から谷村館へと移転し、武田家臣団のうち一門衆として臣従した越中守信有は天文2年(1533年)に甲府に屋敷を与えられ移住している[5]

天文9年(1540年)には嫡男弥三郎信有が誕生。翌天文10年には越中守信有が死去したため、代わって家督を継いだ。同年、主君武田家でも武田晴信が信虎を駿河に追放し家督を継承している。晴信(信玄)期に本格化する信濃侵攻において初めて活動が見られ、天文11年(1542年)9月25日の高遠頼継との宮川の戦いにて武功をたて、晴信より感状を与えられている。

天文13年(1544年)正月、晴信の側近・駒井高白斎と向山又七郎が谷村館を訪れ、後北条氏家臣・桑原盛正と対談し、同年12月には小山田氏家老・小林宮内助が北条氏康の元を訪問している。このことから小山田氏は武田氏・後北条氏間の取次を務め、両者の関係改善に尽力していたようである。天文14年(1545年)の伊那郡箕輪城長野県箕輪町)攻めにおいては、城主藤沢頼親の降伏に際して勝沼信元穴山信友ら親類衆とともに仲介を務めている。

天文16年(1547年)8月の佐久郡侵攻においては、志賀城笠原清繁の夫人を側室として与えられ、駒橋へ連れ帰ったという[6]。また、天文17年2月の上田原の戦いにおいても従軍しており、天文19年(1550年)8月に武田勢は小県郡戸石城村上義清を攻めるが攻城は難航し、10月1日には撤退するところを村上勢に追撃され敗退した(砥石崩れ)。信有はこの合戦において負傷し、郡内衆でも小沢式部や渡辺出雲守らが討死している。翌天文20年の筑摩郡小笠原攻めにおいて信有は病床にあり嫡子弥三郎が小山田勢を率いている。信有自身は天文21年(1552年)に死去している。

出羽守信有期には無年号文書を含む8通の文書が現存している。小山田氏については越中守信有期の発給文書が現存しておらず、天文11年10月16日付小山田信有判物は小山田氏最古の発給文書となっており、内容は諸役・棟別免許や過所など。出羽守信有文書には花押と方形単廊朱印が使用されており、以来この方式は信茂期に至るまで継承されている。

山梨県都留市下谷の長生寺に伝来する小山田信有画像は従来越中守信有に比定されていたが、高野山過去帳による出羽守り信有の法名と修補銘に「契山存心」と記されていることから、画像は出羽守信有のものと考えられている。

脚注編集

  1. ^ 弥三郎・信茂は従来同一人物とされてきたが、近年は兄弟であることが指摘されている。小山田氏の人物比定に関する検討は堀内亨「小山田氏の動向」『西桂町誌』(2003)。
  2. ^ 「武田源氏一統系図」『山梨県史』資料編中世6中世3上(県内記録)所載等による。武田氏と小山田氏の婚姻については後述。
  3. ^ 丸島和洋 『郡内小山田氏』戎光社出版、2013年、105-108頁。 
  4. ^ 丸島和洋 『郡内小山田氏』戎光社出版、2013年、104-105頁。 
  5. ^ 甲府は信虎期に城下町整備が行われており、城下町整備と平行して多くの家臣団が集住されている。なお、越中守信有の死去は天文10年とされているが、「勝山記」(『山資』6中3上所載)享禄5年(1532年)条の解釈から同年を越中守信有の没年とし、谷村への城下町移転を出羽守信有期とする説もある(後述)。
  6. ^ 笠原清茂室を側室とした逸話は「勝山記」による。以下、信濃侵攻と信有の動向については「勝山記」「高白斎記」『山資』6中3上に拠る。)

参考文献編集

  • 平山優「小山田信有」『新編武田信玄のすべて』(新人物往来社、2008)

関連作品編集

関連項目編集