メインメニューを開く

小山田 満月(おやまだ まんげつ、1948年3月24日 - 2018年3月21日[1])は、日本放送作家[2]脚本家[3]日本脚本家連盟所属。元NSC東京校講師。本名は小山田 富夫(おやまだ とみお)。血液型はAB型。妻子あり。長男は俳優で音楽家の小山田織音。次男はWEBライターの小山田滝音。NHKの放送作家時代、親交が深かった人物として作家の滝大作がいる。福島県福島市出身。

小山田 満月
誕生 1948年3月24日
福島県福島市
死没 (2018-03-21) 2018年3月21日(69歳没)
日本の旗 日本 神奈川県
職業 放送作家脚本家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 成蹊大学卒業
活動期間 1984年 - 2018年
ジャンル ラジオ番組テレビ番組演劇ほか
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1948年、福島県福島市に生まれる。福島県立福島高等学校を経て、成蹊大学を卒業。
1984年、NHKラジオ第一で放送が始まった公開歌謡・演芸番組『サンデージョッキー』の脚本を書く。その後、NHK教育番組で幼児向け番組を担当。1987年から放送された『ピコピコポン』。1989年から『やっぱりヤンチャー』。翌年、同番組のキャラクター及びキャストを増やし番組を一新した『ともだちいっぱい』を手掛ける。また、同作品を絵本にした『おおわらい星(ヤンチャーのだんぼうけん)』と『ぐんぐん元気星(ヤンチャーのだいぼうけん)』の2冊を出版した。
1996年、芸能プロダクション吉本興業が設立した養成学校NSC東京校で講師[4]を務める(2009年まで)。卒業生のお笑い芸人を中心に構成された芝居一座吉本弁当座[5]を結成。生徒には、森三中ロバートインパルスオリエンタルラジオなどがいる。
2018年3月21日、出血性ショックのため死去[1]。69歳没。

主な脚本作品編集

ラジオ番組編集

テレビ番組編集

著書編集

  • おおわらい星 (NHKヤンチャーのだいぼうけん) (1992年)
  • ぐんぐんげんき星 (NHKヤンチャーのだいぼうけん) (1992年)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “放送作家の小山田満月氏死去”. 時事ドットコム. 時事通信. (2018年3月23日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032301273&g=soc 2018年3月23日閲覧。 
  2. ^ /日本放送作家協会日本放送作家協会、2014年5月8日閲覧。
  3. ^ 日本脚本家連盟 日本脚本家連盟、2014年5月8日閲覧。
  4. ^ /吉本興業 BB Watch、2014年5月8日閲覧。
  5. ^ /吉本弁当座吉本弁当座、2014年5月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集