小山 真人(こやま まさと、1959年 - )は、日本の火山学者。静岡大学防災総合センター副センター長、同大学教育学部教授。静岡県浜松市生まれ[1]うさはかせの愛称も持つ[2]

概要編集

静岡県立浜松北高等学校卒業、静岡大学理学部、静岡大学大学院理学研究科修士課程、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士(東京大学 - 地質学)。「小山眞人 //Tectonic history of the Izu Peninsula and adjacent areas based on paleomagnetism and stratigraphy(古地磁気学と層序学に基づく伊豆半島周辺の変動史)」。[3]日本地震学会普及行事委員、日本災害情報学会学会誌編集委員、歴史地震研究会広報委員、富士山火山砂防計画検討委員会委員、伊東市史編集委員などを務めている。

また、地元静岡県の富士山伊豆東部火山群に詳しく、伊豆半島ジオパークの設立に尽力し最高顧問を務めた[4]。2015年には、NHKの番組「ブラタモリ」で三度の放送に亘って富士山を案内し、その後ある時期までは同番組で最も登場した案内人でもあった[5]

著書編集

単著編集

共著編集

監修編集

主要論文編集

共著・分担執筆
  • 藤岡換太郎, 西村昭, 小山真人、「伊豆・小笠原弧とフィリピン海」 『地学雑誌』 1991年 100巻 4号 P.455-457, doi:10.5026/jgeography.100.455
  • 早川由紀夫, 小山真人、「東伊豆単成火山地域の噴火史1:0~32ka」 『火山』 1992年 37巻 4号 p.167-181, doi:10.18940/kazan.37.4_167
  • 小山真人, 早川由紀夫、「伊豆大島火山カルデラ形成以降の噴火史」 『地学雑誌』 1996年 105巻 2号 p.133-162, doi:10.5026/jgeography.105.2_133
  • 早川由紀夫, 小山真人、「1582年以前の火山噴火の日付をいかに記述するか-グレゴリオ暦かユリウス暦か? 『地学雑誌』 1997年 106巻 1号 P.102-104, doi:10.5026/jgeography.106.102
  • 早川由紀夫, 小山真人、「日本海をはさんで10世紀に相次いで起こった二つの大噴火の年月日 : 十和田湖と白頭山」 『火山』 1998年 43巻 5号 p.403-407, doi:10.18940/kazan.43.5_403
  • 小山真人, 佐竹健治, 都司嘉宣、「次世代の史料地震学 『地学雑誌』 1999年 108巻 4号 P.345, doi:10.5026/jgeography.108.4_345
  • 小山真人, 早川由紀夫、「はじめての史料地震・火山学 『地学雑誌』 1999年 108巻 4号 P.489-494, doi:10.5026/jgeography.108.4_489
  • 林豊, 小山真人、「宝永4年富士山噴火に先立って発生した地震の規模の推定」 『歴史地震』 2002年 18号 p.127-132, NAID 40005822198
  • 角谷ひとみ, 井上公夫, 小山真人 ほか、「富士山宝永噴火(1707)後の土砂災害」 『歴史地震』 2002年 18号 p.133-147, NAID 40005822199
  • 早川由紀夫, 小山真人, 前嶋美紀、「史料に書かれた日付の西暦換算と表記法 (PDF) 『月刊地球』27(11)、p.848-852.の早川由紀夫よるアーカイブ
  • 早川由紀夫, 萩原佐知子, 野村正弘, 小山真人、「読めて使える美しい火山地質図を安価で市場に出す」 『地図』 2015年 53巻 1号 p.1_57-1_65, doi:10.11212/jjca.53.1_57

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 小山真人 『富士山大噴火が迫っている! - 最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模』 技術評論社 2009年
  2. ^ 出典: ツイッターなどのプロフィールから
  3. ^ 博士論文書誌データベースによると 眞人とある
  4. ^ 出典: 本人のツイートより、2016年11月閲覧
  5. ^ 出典: 2016年05月08日の本人ツイートより、2016年11月閲覧

関連項目編集

外部リンク編集