小峯和明

小峯 和明(こみね かずあき、1947年12月10日 - )は、日本中世文学の研究者、立教大学名誉教授。中世説話が専門。

静岡県生まれ。1977年早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学、徳島大学教養部助教授などを経て立教大学文学部教授。1987年「今昔物語集の形成と構造」で早大文学博士。2013年立教大学を定年退任。

著書編集

  • 『今昔物語集の形成と構造』笠間書院 1985
  • 『説話の森 天狗・盗賊・異形の道化』大修館書店 1991、岩波現代文庫 2001
  • 『中世説話の世界を読む』岩波書店〈岩波セミナーブックス〉 1998
  • 『宇治拾遺物語の表現時空』若草書房 1999
  • 『説話の声 中世世界の語り・うた・笑い』新曜社〈「叢書」物語の冒険〉 2000
  • 『説話の言説 中世の表現と歴史叙述』森話社 2002
  • 『今昔物語集の世界』岩波ジュニア新書 2002
  • 『『野馬台詩』の謎 歴史叙述としての未来記』岩波書店 2003
  • 『院政期文学論』笠間書院 2006
  • 『中世日本の予言書―〈未来記〉を読む』岩波新書 2007
  • 『中世法会文芸論』笠間書院 2009
  • 『東奔西走 中世文学から世界の回路へ』笠間書院 2013

共編著編集

  • 説話文学 1 双文社出版 1981
  • 今昔物語集と宇治拾遺物語 説話と文体 有精堂出版 1986(日本文学研究資料新集)
  • 今昔物語集 森正人共編 ほるぷ出版 1987(日本の文学)
  • 新日本古典文学大系 今昔物語集 岩波書店 1994-1999
  • 中世の知と学 <注釈>を読む 三谷邦明共編 森話社 1997
  • 宝鏡寺蔵『妙法天神経解釈』全注釈と研究 笠間書院 2001
  • 今昔物語集を学ぶ人のために 世界思想社 2003
  • 『平家物語』の転生と再生 笠間書院 2003
  • 日本霊異記を読む 篠川賢共編 吉川弘文館 2004
  • 三宝絵を読む 小島孝之、小林真由美共編 吉川弘文館 2008
  • 源氏物語と江戸文化 可視化される雅俗 小嶋菜温子渡辺憲司共編 森話社 2008
  • 文学に描かれた日本の「食」のすがた 古代から江戸時代まで ハルオ・シラネ、渡辺憲司共編 至文堂 2008(「国文学解釈と鑑賞」別冊)
  • 今昔物語集を読む 吉川弘文館 2008(歴史と古典)
  • 『漢文文化圏の説話世界』編 竹林舎 2010 中世文学と隣接諸学
  • 『古琉球をめぐる文学言説と資料学 東アジアからのまなざし』池宮正治共編 三弥井書店 2010
  • 『東アジアの今昔物語集 翻訳・変成・予言』編 勉誠出版 2012
  • 『日本文学史 古代・中世編』編 ミネルヴァ書房 2013
  • 『日本文学史』編 吉川弘文館 2014

翻訳編集