メインメニューを開く

小島 嵩弘(こじま たかひろ、本名:小島貴幸(こじま たかゆき)、1964年5月23日[1] - )は、日本の歌手・俳優・演出家・ラジオDJである。bayfm邦楽ランキング番組の「KEIYOGINKO POWER COUNTDOWN REAL」、「KEIYOGINKO GRAND COUNTDOWN REAL」のパーソナリティを担当する。東京都浅草出身[1]血液型はO型[1]。アメイジング所属[1]千葉県香取郡多古町『多古米親善大使』(2006年10月 任命)[2]。愛称はこじたん。

こじまたかひろ
小島嵩弘
本名 小島貴幸
生年月日 (1964-05-23) 1964年5月23日(55歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都浅草
身長 171cm
血液型 O型
職業 歌手、俳優、演出家、パワカンのパーソナリティ
テンプレートを表示

経歴編集

明治大学文学部文学科卒業[1]

大学在学中に演劇学を学び、1984年に劇団「隔世遺伝」を旗揚げ。劇団の俳優としてはもちろん演出などもこなす。

1991年5月、ファンハウスよりKOZIMAのボーカルとしてデビュー。1993年7月までの短い活動期間ではあったが、数多くの作品を世に送り出した。

1993年FM雑誌FM STATIONのDJ人気投票で、キー局以外で初めて第1位となり、翌年も同じ人気投票で2年連続1位となった[3]

1994年5月、ソロ活動で再スタートし、バンド結成前から温めてきたオリジナル曲を歌い始める。家族経営事務所「株式会社小島艶」と、オフィシャルファンクラブ「はさませて」を設立し、1996年1月には東芝EMIとメジャー契約を交わす。

同年8月7日、ソロになって初のシングル「太陽に抱かれている」を発表。続いて9月26日に初のソロアルバム「Song-O-Coo」を発表した。

また、TVではテレビ東京系の『ザ・BINGOスター』にMCアシスタントとして出演。

1年半後、K-MIX(FM静岡)に、ゲスト出演&フルバンドライブ。県教育委員会提供番組「風を切って」(1999年4月〜2000年4月)を担当。

2001年2月3日、自社レーベルよりミニアルバム「風のfizz」を発表。同表題曲はファンケル化粧品CMソングに起用される。

現在、毎年夏に行われるPGAシニアツアー・ファンケルクラシックのテーマソングに「愛しき人」が使用されている。

2006年2月に、末川かおりとの入籍を発表。41歳での結婚となった。2006年2月18日の「I'm Alive!」では、小島嵩弘がリスナーと長年応援してきたファンに心境を激白した。

2006年7月19日、ラジオパーソナリティ吉田照美とのユニットであるYK型のファーストシングル「卍固めでTurn The Night」をリリース。

2006年10月、千葉県香取郡多古町の『多古米親善大使』に任命。

2007年12月1日、アルバム「ONE」をリリース。

2008年、bayfmの「I'm Alive!」『校歌作ろうぜスペシャル!「産まれたての校歌 〜歌い継がれる思いをのせて…」』の出演で日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞した[4]千葉県立山武農業高等学校千葉県立白里高等学校が統合し、新たに創立する千葉県立大網高等学校の校歌を在校生、卒業生、地域住民などからの意見を聞きながら制作した[5]。2月にbayfm本社のスタジオにて小島の指導の下、有志生徒と職員による合唱がCDに収録された[5]

2009年4月18日にアルバム「太陽も花も影も」をリリース。

2009年12月16日、YK型のファーストミニアルバム「サイケデリック・スキャンダル」をリリース。

2011年11月3日、YK型のミニアルバム「哀しみのStripper」をリリース。

2012年8月5日、 アルバム「君のためにできること」をリリース。

2017年4月1日、森久保祥太郎の後任として、KEIYOGINKO POWER COUNTDOWN REALのパーソナリティに麻生夏子とともに就任。[6]

芸名について編集

本名は貴幸であるが仕事上では嵩弘を名乗っている。これはKOZIMAでバンドデビューする前に、占い師に「貴幸の(漢字の)画数は、人と上手くやれない大凶の数だ」と教えられ、たまたま印鑑を作りに行った際に、嵩弘と店主に名付けてもらったものである。[7]

人物編集

ジョン・レノンビリー・ジョエル松山千春を尊敬している[1]

  • 飾らぬトークで、ティーンズにも親近感が湧くおちゃらけた話法が特徴的であるが、全てのリスナー、ファンからの投稿に目を通し、リスナーの悩みなど心の叫びの投書・投稿には瞬く間に反応し、真剣な一面もある[8]
  • 送るリスナーによって、言い方を変えたりする。[9]
  • 時間帯問わずスケベな発言が今でもたまにある[8]
  • ブラジャーのことをプロテクターと言う>[10]
  • パワカンリアルでは、ツイッタートゥウィッターと英語風にしゃべることがある。[11]
  • スケベな妄想が人の倍激しい。
  • 肉が大好き。[12]
  • ラーメンも大好き。[13]
  • The BAY☆LINEに憧れており、火曜日の有村昆がロシアで妻の代理母出産で出演できない時に代理DJに大抜擢された。スタッフからは「ご自由に」。
  • 普段インターネットで見るものはYouTube(主にお笑い、ミュージックビデオ)と中古車である。
  • 車は、フォードフォード・マスタングを所有している。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

リリース タイトル レーベル
1st 1996年8月7日 太陽に抱かれている EMIミュージック・ジャパン
2nd 不明 愛しき人 不明

アルバム編集

  • アルバムについては「ミニ・アルバム」と紹介される作品もあるが、ここではリリース順に記述していく。
リリース タイトル レーベル
1st 1996年9月26日 Song-O-coo EMIミュージック・ジャパン
2nd 2001年2月3日 風のfizz アメイジング
3rd 2007年12月1日 ONE アメイジング
4th 2009年4月18日 太陽も花も影も アメイジング
5th 2012年8月5日 君のために出来ること アメイジング

出演番組編集

過去の出演番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

毎年恒例になっている特別番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f http://profile.ameba.jp/kojima-takahiro/
  2. ^ 広報たこ 2006年11月28日(火) 12・13ページ
  3. ^ 『FM STATION』1993年3月21日号、1994年3月22日号
  4. ^ 表彰番組・事績 日本民間放送連盟
  5. ^ a b http://saas01.netcommons.net/oami/htdocs/index.php?page_id=49 大網高校 学校案内
  6. ^ 年末恒例の特番のグラカン
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o I'm Alive!2011年9月17日放送回より
  8. ^ a b 『FM STATION』1995年3月20日号 54ページ
  9. ^ 女性だったら女性らしく
  10. ^ 眠い。”. 小島嵩弘オフィシャルブログ (2012年1月13日). 2015年2月9日閲覧。
  11. ^ キャウントダウンヌ
  12. ^ KEIYOGINKO POWER COUNTDOWN REAL
  13. ^ パワカン放送の前日に、ラーメンににんにくを入れすぎて、妻の末川かおりから怒られた経験がある。
  14. ^ http://ameblo.jp/kojima-takahiro/entry-11599406654.html#main 小島嵩弘オフィシャルブログ「三日坊主のドップラー効果」(2013年8月25日)より。
  15. ^ a b 2012年9月10日 OBS大分放送 まんでいジュークボックス より。
  16. ^ 2012年7月26日 bayfm POWER BAY MORNINGより

外部リンク編集