メインメニューを開く

小崎 愃(こざき けん、1939年12月14日 - [注 1])は、日本アナウンサー熊本県出身[注 2]

来歴編集

立命館大学法学部卒業後[注 3]1964年近畿放送(KBS、のちのKBS京都)へ入社[注 4]。主に土曜・日曜競馬中継を担当し、エキサイトナイター・近鉄エキサイトアワーのプロ野球中継、高校野球、関西学生スポーツ中継やタイムリー10でも活躍。

特に競馬中継ではミスターシービー1983年)・シンボリルドルフ1984年)・ナリタブライアン1994年)が三冠を達成した瞬間を伝えたほか、1997年にはサイレンススズカの新馬戦も担当。

1990年代初頭には久保房郎濱野圭司宮本英樹寺西裕一ら後進に譲る判断で土曜競馬中継の司会進行に回ったが、イトマン事件の影響を受けたKBS京都が1994年に会社更生法の適用申請をするに至り、機を同じくして濱野・寺西ら後輩がKBSを退社する事態となったことから人材不足を補うべく実況に復帰。

退職後はフリーアナウンサーとして活動。古巣KBSのプロ野球中継を担当したほか、京都市伏見区FM845ラジオパーソナリティを務め、2015年9月29日の「ピッカピカラジオ」をもって引退。

競馬実況に関するエピソード編集

実況ではゴールの瞬間を「ゴールイン」ではなく「○○(勝馬)1着」と言うスタイルで、同局の後輩アナウンサーの多くが踏襲した。接戦の時は「ほとんど同時」と言うことが多かった。

日本ダービーをはじめ関東エリアのGIレースでも現地取材を行い、土曜中継の最終レース終了後や日曜中継でレポートを担当。記録用に実況も行っているが、レース当日の中継やダイジェストではラジオたんぱ(のちのラジオNIKKEI)の実況を使用した。

1971年には映画「現代やくざ 血桜三兄弟」に声だけで出演し、劇中で実況を担当した[1]

1996年のバイオレットステークスでは降雪により、1400mレースのうち、ゴール前約300m地点まで全く馬が見えない中での実況であった。

印象に残る競走馬はハマノパレード[4]

主な競馬実況歴編集

1980年代までKBS京都の競馬実況は小崎が中心だった。

GIレース編集

その他編集

出演番組編集

出演映画編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^
    • よみがな…[1]
    • 生年月日…プロ野球名鑑(1997年[2]
  2. ^ 出身県…プロ野球名鑑(1997年[2]
  3. ^
    • 出身大学名として明記…プロ野球名鑑(1997年[2]
      • 卒業大学・学部として明記…[3]
  4. ^ a b 後年のプロフィールより、「京都市内某局にてアナウンサー生活30年。主に野球、競馬などスポーツを担当。」[3]と記述。
  5. ^ 次の資料より、KBS京都で競馬中継のメイン実況を担当したことが記載…[1]
  6. ^ 1969年のKBSテレビ開局当時より担当(参考[5])。1997年当時のプロ野球名鑑より、KBS京都のプロ野球担当アナウンサーとしてフリーの契約アナウンサーである旨も含め記載[2]
  7. ^ 参考:

出典編集

  1. ^ a b c d 思い出に残る大宴会in京都 - 『netkeiba.com』内コラム『競馬最前線』(文:矢野吉彦)2015年2月7日12時配信
  2. ^ a b c d 『'97プロ野球12球団全選手百科名鑑』(『ホームラン』1997年3月号増刊。同31日、日本スポーツ出版社発行)P208に掲載されたKBS京都プロ野球担当アナ名簿
  3. ^ a b c 2015年当時FM845公式サイト内で配信されたプロフィール(インターネットアーカイブ同8月13日付保存キャッシュ)
  4. ^ 1988年6月に行われた「宝塚記念フェスティバル」での発言。[出典無効]
  5. ^ 『サンケイ新聞』(大阪本社発行版)1969年8月10日付朝刊9面近畿Dラテ欄掲載「近畿テレビ」番組表より、午後4:20 - 6:45の『〇…「阪神=中日」(西京極)』(“〇”=野球ボール、“…”=“・”が4つ)を参照。「解説=藤村富美男 担当=小崎アナ」の記載あり。
  6. ^ 『サンケイ新聞』1974年7月31日付朝刊近畿Dラテ欄より、午前9:00 - 午後6:00の『〇…高校京都大会準々決勝』を参照。2回戦の朱雀対城南戦担当として明記。1回戦の平安対大谷は乾一、3回戦の桂対洛星は飛鳥井雅和、4回戦の西京商対立命館は石田泰賢がそれぞれ担当として明記。
  7. ^ 小崎愃さん、ピッカピカラジオ卒業。お疲れさまでした! - 『おいでやすぅ~fm845スタッフブログ』2015年9月29日付