メインメニューを開く

小川 一夫(おがわ かずお、1954年4月16日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手捕手)。

小川 一夫
福岡ソフトバンクホークス 二軍監督 #71
Ogawa kazuo.jpg
2013年7月18日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市
生年月日 (1954-04-16) 1954年4月16日(65歳)
身長
体重
177 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1972年 ドラフト5位
初出場 1973年5月27日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ・監督歴

目次

来歴・人物編集

戸畑商業高校では甲子園に2回出場。2年生の時、左翼手として1971年春の選抜に出場。福井商を降し2回戦に進むが福島商に惜敗[1]。翌1972年春の選抜にも捕手、三塁手を兼ね連続出場。1回戦で日大三高待井昇、小曽根修治(電電関東)の継投に完封を喫する[1]。同年夏の甲子園県予選はエースとして決勝に進むが、東筑高に惜敗。

1972年のドラフト会議南海ホークスから5位指名を受け捕手として入団。一軍試合出場はルーキーの年に偵察メンバーとして1試合出場したのみで、1978年に引退。

引退後は二軍コーチ、スカウトを歴任。近年ではホークスのスカウト部長として杉内俊哉和田毅新垣渚馬原孝浩といった2000年代ホークス投手陣の中心となった選手を獲得している。

特に2010年育成ドラフトで当時無名だった千賀滉大を発掘。

2011年からホークスの二軍監督へと就任することが決まり、初の指導者経験となる[2]2012年2013年と二年連続でウエスタン・リーグ優勝、2013年はファーム日本選手権優勝に導いた。2013年11月1日からは編成・育成部長に就任する[3]。 2018年より二軍監督に復帰 [4]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1973 南海 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----

記録編集

背番号編集

  • 35 (1973年 - 1978年)
  • 83 (1983年 - 1985年)
  • 78 (2011年 - 2013年)
  • 71 (2018年 - )

脚注・出典編集

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ ソフトバンク、来季2軍監督に小川スカウト部長”. スポニチ. 2010年10月20日閲覧。
  3. ^ 2軍監督及びコーチ人事について福岡ソフトバンクホークス公式サイト2013年10月28日配信
  4. ^ 2018年コーチングスタッフについて”. 福岡ソフトバンクホークス公式サイト. 2017年11月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集