小川正廣(小川正広、おがわ まさひろ、1951年10月12日- )は、日本の古代ラテン文学者、名古屋大学名誉教授。

略歴編集

京都市生まれ。1975年京都大学文学部西洋古典語学西洋古典文学専攻卒,79年同大学大学院文学研究科博士後期課程退学,92年「ウェルギリウス研究」で文学博士。京都大学文学部助手,1982年京都産業大学教養部専任講師,86年助教授,1990年名古屋大学文学部助教授をへて,96年教授,2000年文学研究科教授,2017年定年退任、名誉教授[1]

著書編集

翻訳編集

  • 「狂えるヘルクレス」『セネカ悲劇集 1』 (西洋古典叢書)京都大学学術出版会 1997
  • カティリーナ弾劾」『キケロー選集 3(法廷・政治弁論 3)』岩波書店 1999
  • 「フラックス弁護」『キケロー選集 2(法廷・政治弁論 2)』岩波書店 2000
  • プラウトゥス「バッキス姉妹」『ローマ喜劇集 1』 (西洋古典叢書)京都大学学術出版会 2000
  • プラウトゥス「クルクリオ」『ローマ喜劇集 2』 (西洋古典叢書) 京都大学学術出版会 2001
  • ウェルギリウス『牧歌 農耕詩』 (西洋古典叢書) 京都大学学術出版会 2004
  • 『キケロー弁論集』谷栄一郎,山沢孝至共訳 岩波文庫 2005
  • 寛恕について 恩恵について『セネカ哲学全集 2』岩波書店 2006

論文編集

脚注編集